2019.2.7

下半期の総会について

当社では、上半期、下半期の区切りのタイミングで総会を行っています。
今までの総会は、全部自前でやっていました。会場探しから、プログラム構成、リハーサルまで。僕も含めて、みんなそれぞれの業務の合間をぬって行ってきました。
なるべく毎回、毎回新しいことを考えようと総会を盛り上げている会社を参考にしたり、実際に見学にも足を運ばせていただいていたりしてたのですが、なかなか思うものの作ろうと思うとこんなに難しいものかと感じる場面に直面するばかりでした。

ですが、今年の下半期の締めと行われる総会は一味違います。
shutterstock_477977422

表彰者は全員が対象
今までの総会は、主力事業のメンバーが対象になっていました。
しかし、会社は決してそのメンバーだけで成り立っているわけではありません。
サポートしてくれているメンバーいますし、次なる可能性にコミットしてくれているメンバーもいます。
そのメンバーがいるからこそ主力事業のメンバーが集中するべきところに集中できていると感じています。
勿論、逆も然りです。
ですので、今と未来のフルアウトを作っているのは全メンバーあってなので全員を対象した賞を用意しています。


ハイクオリティの会場
人数も少なかったこと、会場決めもギリギリになっていたこと、
また、まだまだチャレンジしていく段階というところから高級感よりも自分たちらしい場所を借りて行ってきました。
しかし、フェーズが変わるタイミングだと考え今回は豪華な場所、そしてフルアウトの新しい形の総会を行います。

手作り間満載からの脱却
手作り感があることは決して悪いことではありません。
ですが、今回はメガベンチャーで有名な会社様にプロデュースをしていただいています。
何度も打ち合わせを重ねており、気づけば半年。重ねれば、重ねるだけクオリティがどんどん上がっており、
更に形も出来ており、当日を迎えるのが楽しみな状態です。

総会の打ち合わせをやっていて、嬉しいのは僕ばかりが決めることになったら嫌だなと思っていたのですが、
プロデュース会社さんからの提案も勿論ですが、参加しているメンバーも総会で伝えたいメッセージも一緒になって
考えてくれていることです。更にコスト面まで笑

そういう時にメンバーの成長を実感できるのもそうですが、
昔と比べて頼りになる仲間が増えたことに感謝の気持ちが湧いてきます。

そういった仲間が増えるように、自らが最も成長し、
新しい機会を作るべく学びと挑戦を継続し、結果という形を残すために引き続きフルアウトしていきます!

社員の皆様、総会お楽しみに!
是非、賞を狙ってくださいい!!