2019.3.25

来期に向けて

管理部メンバーに「社長の話をしたら、いい社長だねと言われました」と言われ
上機嫌の金田です。

毎週月曜日に定例の会議をやっているのですが
3月のこの時期は話し合うこと、やることが多いです。
4月から入社する新たなメンバーの方々。過去最高の2桁入ってきます。
その方々の契約書類から、オフィスで使用するパソコンやディスプレイなど。
更に、海外の方も入ってくるので国際手続き、海外支社の手続き周り。
更にさらに総会もありますので、各自発表のすり合わせ。これまたそのための準備物など。
落ち着く暇なく、来期の土曜日には新卒主催のお花見。

やることが沢山あるのはいいですね。
その反面、重要な部分における深堀が甘いことも多くあるんだなと今日会議をやって痛感しました。
課題というのは、あげだすとキリがないくらい溢れ出てくるのですが
大切なのは、全てを解決するのではなく本質的な最も重要な部分を解決することです。
そこにしっかりと目を向けられていなかったのというところと、そこに向き合って実行していくために
各自のタスクも考えないとな改めて感じました。

先月の経営合宿でも議題になり、取り掛かっていたのですが
最終ジャッジをする自分がもっと入るべきだったなと反省しています。
新しい取り組みでかつ、それが僕のアイデアであるならば率先してやらないといけないですね。
それもスピード感を持ってね。
やってみないと計画の感覚も予算感も見えないですからね。
会社が広告の新しい形態にチャレンジしたときに、そうやって僕と井坂で率先してやったことで
実感したはずなのに、いつの間にか自分が判断しなくてはいけないところも任せすぎていました。
でも問題は見つけたので、そこをなんとかするだけです。
やれること全部やります。方法も見えてます!
色々てんこ盛りですが、メンバーの皆さんワクワクするGW過ごせるように
必ず4月を最高のスタートにします!
だから、踏ん張り時をどうか力を貸してください!!

と言いながらも、決算前の最終月である3月も超大切ですので変わらずフルアウトしていきます。