2015.4.21

自分の頭で考えよう 新入社員に伝えたいこと

こんにちは。Directorの井坂です。
トライアスロン石垣島大会まで、残り1ヶ月と少々です。
初トライアスロンです。完走目指して、時間を作ってトレーニングしたいと思います。

4月で、5人入社し、さらに社内がにぎやかになりました。
仕事もありがたいことに、各方面からお問い合わせをいただき、
かなり忙しくなってきました。DSP事業以外の事業も、仕込みが順調に進んでいます。

新入社員には、アカウントプランナー、マーケターなど様々な仕事を任せています。
新入社員は入社前に、研修をみっちりやり、インターンシップも長期間していたので、入社早々で実践からスタートです。新入社員は、今ではDSPを筆頭にWebマーケティングに、かなり詳しくなっています。
かなり、仕事ふってます。大変だと思います。

ただ、新入社員は、入社して3週間ほどで、かなり濃い経験をしているのではないかなと思います。
成長の手応えを感じています。
ただ、まだまだ改善の余地もあり、指導しがいがあります。
課題が山積みです。
そんな新入社員に伝えたいことを、今回は書きたいと思います。

自分の意見を持たずに質問をする

新入社員の課題の1つとして、特にありがちなのは、自分の意見を持たずに質問してくることです。

「これは、どうすればいいですか?」
そう質問されることが、けっこうあります。

それに対して、すぐに答えを言うのは簡単です。

ただ、それでは、社員は成長しないのではないかと思います。

自分で答えを出していくのではなく、答えを与えられて、実行するだけになってしまいます。

指示待ち人間になってしまいます。ただの兵隊です。フルアウトの人材に、そういう人はふさわしくない。

自分で考えて行動できる人になってほしいと思い、
社員から、上記のような質問をされた場合は、逆に問い返すようにしています。

「自分はどうしたい?どうすればいいと思う?君の意見は?」

そう社員には問い返し、自分で答えを考える習慣を、つけてもらうようにしています。

その甲斐もあってか、少しずつ改善されてきている(!?)ように感じます。
少しずつですよ?

「私は●●だと思います。どう思いますか?」

みたいな質問の仕方に変わってきています。
よくよく考えれば、自分で答えを出せるものです。
それが間違っていてもOKです。

間違ってても、自分なりに仮説を立てて、ぶつけてみて、フィードバックをもらう(検証する)ということを繰り返すことで、仮説の精度は上がってきます。

ec8e5c8595ea6dd88af99e17fd17b06b_m

新入社員に伝えたいこと

新入社員に伝えたいことがあります。

「まずは、自分の頭で考えましょう」

言われたことだけをやり続ける人

自分で考え、行動し続ける人

どちらの人材になりたいですか?
フルアウトでは、「自分で考え、行動し続ける人」が必要です。

ぜひ意識してみてください。
あとは、社内では合言葉のようになっている
「逆算思考」「PDCA」もしっかり実践しましょう!

それでは!