2019.1.3

復活から成長へのフルアウト

井坂です。あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
本ブログでは2018年の振り返りと2019年の豊富について書いていきます。

2018年

2018年の全社スローガンは「復活から成長へのフルアウト」でした。
そのスローガンの通りに、2017年に落ち込んでた業績が2018年には大きく回復して成長を遂げることができました。2017年と比較すると2018年は200%以上の成長です。特にネイティブアド事業が成長を牽引しました。
事業の成長の要因は何かというと「人」です。まずリーダー陣が腹をくくって現場で成果を出し、そのノウハウをどんどん仕組み化していきました。社員全員が成長しどんどん業績を押し上げてくれました。特に2017年入社組が急成長を遂げ、2018年に開花しました。仕事を任せれば任せるほど成長してくれるので、もっと仕事を任せたくなります。これからのさらなる成長が楽しみです。社員が頑張っている姿を見て、私自身もっと成長しようと今まで以上に頭を使いました。

そして長期的な成長を視野に入れて、2018年は新規事業を3つ仕込みました。
CSD事業、EC事業、メディア事業です。
CSDは「customer success design」の略です。CSD事業はLINEを中心としたCRMシステム提供&コンサルティングをする事業です。ECとメディア事業は海外関連の事業です。過去にベトナムで事業展開をし手痛い失敗をしているので、教訓にして今度こそ海外での事業を成功させます。これらの事業は、まだ先行投資が続いていますが、2019年には黒字化しようと奮闘しています。私はしばらくネイティブアド事業と新規事業を複数兼務していましたが、途中からメディア事業専属となりました。今は寝ても覚めても事業のことを考え、産みの苦しみを味わっています。当然のごとく、元旦、連休中もトップギアで思考しています。
2018年は結婚ラッシュの年でもありました。フルアウト初の既婚者が生まれ、立て続けに3人が結婚を決めました。結婚、出産など大きなライフイベントがある時にも、長く働ける会社にしていかなければいけないなと気が引き締まる思いです。

2019年

2019年は新規事業を立ち上げきり、全社として今年も200%以上の成長をすることが目標です。事業の根幹である「人」は引き続き重視し、今年も会社の文化に合う優秀な人がいればどんどん採用していきます。4月には新入社員を10人近くを迎え入れる予定です。フルアウトの採用では新卒も中途も年齢も国籍も関係なく多様性を大切にしています。エンジニア、営業、運用、編集など人が全然足りていないです。興味ある方の募集をお待ちしています。
世界のロールモデルとなる会社となれるように、フルアウト社員一同、今年もビジネスに真摯に向き合っていきます。2019年も引き続きフルアウトをよろしくお願い致します。