2015.1.11

営業というもの

こんばんは
早くもインターンブログを書くのが三度目となりました伊藤です。

今回書くのは働きながら感じるところ、特に営業についてです。

もともと電話や飛び込みなどの営業にはまったく自信がありません。
というのも自分自身が営業電話を受けて何かを買おうかなということや、
入ってみようかなと考えたことがほぼないからです。

そういう考えで、ましてや日本語が下手な自分は自信が持てずにいます。
さらに今回あまり自分が売り込むものや相手の状況も完全に把握していないのに
電話をして、アポを取るというのはかなり厳しいことになるというのは予想ができました。

実際にやってみるとやはり営業電話、しかも相手は企業さんであることが多いので
緊張もしますし、相手に何か質問をされてもちんぷんかんぷんです。
私の師匠である、山田さんに助けていただきながら電話をするのですが、
やはりアポを取るにはいたらずまた心が折れそうになります。

しかしながら僕が今までお話したことのある社会人の方は皆さん、
営業力の重要性を口にします。

相手の懐にどれだけはやく入り込めるか、どれだけ話を聞いてみてもいいかなと
思わせるか、なにか聞いてみたいと思うか、ということが営業の電話で
特に必要なことなのだと言われました。

またこれは今後どんな仕事をするにあたっても必要なことで、
人と人とのつながりでできている社会でこの力はものすごく重要なものであると教わりました。

さらに自信を持った話し方、説得させる話術というものを持てれば自分自身にも自信が持てると思います。

営業のエキスパートがたくさんいるこの会社で僕自身の営業力を
しっかりと身に着けて会社の成長の力になりたいと考えています。

自分の設定した数字、コミットに責任を持ち今後とも努力していきたいと思います。