2015.1.1

やってきました2015年 ~DMP廃る!?~

ひつじ
株式会社 フルアウト
著者:
(Designer)

新年明けましておめでとうございます。

営業の山田です。

2015年のスタートを担当する事になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

今年はどんな年??

さて、せっせとスタッフブログを更新する山田ですが、個人的に実名でお仕事絡みのブログもやっています。

(参考:やまだのこぼれ話

たまにはここにあるようなマーケティング的な内容も書けと後ろから声がしていたので、

今日はアドテク市場についてのお話しをします。

先ほどのブログのリンクを貼ったのは、決してアクセス稼ぎのための姑息な手段ではなく、

実は以前そちらで「DMPが2015年もアツい!」的な内容を書いたので貼ってみました。

振り返ってみると2014年は、ディスプレイ広告の市場拡大に伴って、DMP強化の1年でもあったように思います。

各携帯キャリアやゲームといったデジタル領域の会員データだけではなく、

リアルでの購買データが詰まったポイントカード系の会員データまでDMPとしてアドテク商品との連携が進んでいます。

山田的には、この流れは今年の中頃までアツく繰り広げられるのかなー、と思っております。

広がっているとはいえ、実はデータそのものの精度や活用の精度は

まだまだ伸びしろがあるように思うからです。あくまで現場で情報を見聞きした感想ではありますが。

そんな山田に衝撃走る。。

なんて思って2015年の市場調査の記事を色々漁っていたら衝撃記事を発見しました。

(参考:adtoasによる2015年のアドテク市場の予測

「DMPは廃れたものになる」

…What!?

如何に日本よりも技術的に進んだアメリカの情報とはいえ、廃れるには早いのでは…??

確かにプロダクトそのものの保有しているデータ強化が進めば、DMP不要論も納得がいくような。。

しかし現状のアドテク市場を見ていると、まだまだ日本はDMPありきの情報戦が続くのではないでしょうか。

あくまでも、個人的な意見ですがね。

気を取り直して2015年、始まりました。

年が変わり、多くの企業様もクォーターが変わります。

3月決算の企業も多いですから、今日からの3か月間はニュースや四方八方から流れ込む情報にアンテナ張り続けていかないと、あっという間に置いて行かれてしまいそうです。

とはいえ、今日はのんびり年明けうどんとおもちを食べて、明日は山田のおばあちゃん宅で姪っ子(天使・1歳)と戯れます。

皆様、おもちの食べすぎには十分ご注意くださいませ。

 

山田でした。