2014.12.19

DSP案件は大きく分けてこの2つ

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_l
株式会社 フルアウト
著者:
(Designer)

こんばんは、運用チームの染谷です。

前回は配信手法の違いからDSPを分類してみましたが、「オーディエンス配信」と「リターゲティング配信」を使い、DSPではどのようなマーケティングが可能となるのでしょうか。

今回は、案件の特性からDSPでの訴求方法をご説明したいと思います。

<今回の内容>

  • ブランディング案件とは
  • 獲得案件とはな

 

ブランディング案件とは

ブランディング案件とは、「商品の認知」を目的とした案件のことを言います。

DSPの機能を使い、興味のあると思われるターゲット層に商品の広告を配信することで、商品の認知を向上させます。
一般的には、クリック数やCPC(Cost Per Click:1クリック当たりのコスト)を指標とします。

ブランディング案件は、今まで商品を知らなかったユーザーに、商品を知ってもらうことを目的としているため、オーディエンス配信での訴求がほとんどになります。
その際には、年齢・性別などのセグメントの他に、特定のジャンルに興味関心を持っていると思われるユーザーや、サイトのカテゴリを指定した配信が主な配信手法となります。

 

獲得案件とは

獲得案件とは、「商品の購入」や「資料請求」などを目的とした案件のことを言います。

案件によりコンバージョンとなる成果地点が違います。
例えば、EC系の案件でしたら「商品購入」が成果地点となり、教育系案件などでは「資料請求」、また金融系案件では「口座開設」などが成果地点となります。

一般的にCPA(Cost per Action:1CV当たりのコスト)が指標となる場合が多いですが、案件によっては、CPAが複数設けられる場合もあります。
よく金融系案件の口座開設では、「デモ口座」「本口座」などに成果地点がわかれており、それぞれ目標となるCAPを設けております。

獲得案件では、オーディエンス配信とリターゲティング配信を合わせた配信や、案件によってはリターゲティングのみの配信を行う場合もあります。

 

今回のまとめ

  • ブランディング案件とは、商品の認知を目的とした案件で、クリック数やCPCを指標とする。
  • 獲得案件とは、商品の購入や資料請求などを目的とした案件で、CPAを指標とする。

 

以上がDSPの2大案件となります。

今回は、クリック数やCPC、CPAなどのDSPに関する指標が出てきました。

次回は、これらの指標についてのブログを書きたいと思います!次回も宜しくお願いいたします!