わかったこと

最近現場で仕事をしているのですが、気づくことが沢山あります。 経営者という立場の仕事って色々なあるなと思います。 未来を描くこと 人を採用すること 自らが一番売り上げを作ること 自分がいなくても回る組織、会社をつくること 自由に自分がやりたいことをやること 人それぞれ、経営者の数だけその仕事とはという解を持っていると思うし その解に正解も不正解もないのですが、僕が思う経営者として今の仕事とは 「自らが率先して今を作りながら未来をつくること」なんだろうなと。 僕はそれを社員に求めていたし、だから未来に特化させた社員もいるし 未来にも今にもコミットしている社員がいる。 じゃあ、自分はと考えたときに今と未来にコミットしているつもりだったけど じゃあ、その今と未来にコミットするってどういうことなんだよ?っていうことを 自らが全然示せていなかったと今反省しています。 だけど僕が作りたいことは、僕一人では決して作れないこと。 メンバーがいて作れるのです。 だから、今は今の事業にとことんコミットする。 そして今を良くして、今をより良くすることはまた、メンバーに託して 今一緒にやっているメンバーにはどんどん任せる形にして 事業を立ち上げるとは、それを回していくとは、回していくためにぶつかった困難はどう乗り越えていくのかとか。 言葉と行動で教えていかないといけない。それが今の僕の仕事。 あとは、やるだけ。 いつも変わらない毎日が明日以降も続くけど それが今と未来に向かって作っているということを意識しているのと、していないのとでは全然違う。 そう、変わらず引き続きフルアウトしていきます。 ]]>

関連記事

  1. 自分はどうしたいのか

  2. 挑戦していく文化

  3. 【DSP活用術】リピート施策で顧客単価アップを狙いましょう

  4. 全力でやると愚痴がでない話

  5. ネイティブ広告の種類を調べてみた件

  6. 今日は久しぶりの採用イベント

  7. 3日坊主卒業

  8. シミュレーション

PAGE TOP