入院生活スタート

今日から入院することになりました。
今期の抱負は、「シラフで寝落ちして家にたどりつけなくなるくらいにフルアウトする」だったのですが
それを通り越して、死にかける経験を少し前にしました。
救急車で運ばれる日がこんなに早くやってくるとは思いもしませんでした。
特に三途の川には出会えなかったですし、走馬燈も見なかったのですが
兎に角、起きてるのか寝てるのかわからない、意識が朦朧する経験しました。
あと、人が死にかけると教えてもらえないんですよね。パニックになっちゃうからでしょう。
治ったあとに、もう少し熱が上がったら死んでたと聞かされました。
まぁ、どっちも見なかったってことはまだまだ生きられるってことなんでしょうけどね!
でも、そういう経験をして健康についてちゃんと考えるようになった。
不健康のこわさ、それも年齢に比例して上がってくるんだなというのも痛感。
そのおかげで、減量をすることにコミット出来てトレーニングや食事制限に、健康を維持するために必要なことも学んで
体重は15キロ以上に体脂肪も10%以上落とせたし
それをきっかけに運動することも、食生活もコントロールすることができた。
更には、人が頑張るために大切なのはやりきることっていうのは変わらないんだけど
やりきる自分になるための習慣化の重要性も知った。
減量はじめた3ヶ月ぐらいまで、過去最高レベルで追い込んでるのに全然落ちなくて
日によっては体重も体脂肪も上がるって経験もしたし、ただ運動して食事制限だけなじゃなくて
メンタルや筋肉の可動域や意識の仕方やら、色々なことを学んだ。
ダイエット一つを真剣に取り組んだら、学んだことはたくさんあった。
その結果、本人は今は至って健康です。
でも、いつまた再発するかわからないのでその原因を切除するべく、今回は手術を控えています。
看護師さんに丁寧に明日の流れの説明を受けて、事前に手術とはいうなんなのか麻酔医の先生や
手術を担当する先生からも聞いて、明日の手術に備えます。
病院の窓の向かい側は高層ビルなのですが、仕事をしている人達が見えます。
毎日仕事をおかげさまで楽しくさせていただいているからなのか
オフィスで仕事をしている人達を見て、早く僕もまたオフィスに戻って
仕事がしたいなと一日目から感じています。
今日は、手術前で元気なので病室で仕事しているのですが
書類を渡しに来てくれた社員に少し会って話したり、オンラインで会議をしながら
メンバーの声聞くと、手術に向けた勇気をもらった気になりますね。
そして、日ごろのことに改めて感謝できますよね。
自分がこうやって入院して手術して、同じことが二度と起きないようにできるのも
その間を任せられる、支えられるメンバーがいるからですからね!
そんなこと掻きながら、明日に向けたテンション上がってきました!!
丸一日かけての手術、明日一日は過去最高にあっという間かもしれない。
体が資本なので、今回を手術を乗り越えて更に元気になって復帰するためにもフルアウトします。

関連記事

  1. フルアウトで働いて2年。新卒入社した人間はどう変わったか?

  2. 想いについて

  3. DSP案件は大きく分けてこの2つ

  4. フューチャーフルアウト賞

  5. 自分はどうしたいのか

  6. 新しい事業を生み出す喜び

  7. いよいよ

  8. 一人で出来ることは限られている

PAGE TOP