挑戦していく文化

本日開催の化粧品フォーラムに出展しました。
自分自身がアドネットワークからキャリアをスタートし、
また会社を設立し蓄積した5年間の集大成のプロダクトを開発することが出来ました。
今までお客様にご提供できるソリューションの限界を感じていたため
よりお客様の成果をお返しできる仕組みを作れたことを嬉しく思っています。
自社のプロダクトの展開もそうですが、トレーディングデスク事業での
他社プラットフォームにて成果をお返しする側面もまだまだ強く
多大なる支援をお取引先のメディア様にはいただいておりましたが
もっとこうすればお客様に更に成果をお返しできるのに、貢献できるのに思うことが多くありました。
また、社員のポテンシャルを最大限発揮するために新しいことにどんどんチャレンジすること。
新卒でアンテナ感度が高い社員が多いように感じます。そういった社員が新しい挑戦できる環境なんだと思ってもらうためには
成功事例を作っていくことがとても重要だと思いました。
過去の思い出や武勇伝ばかりを語るよりも常に、ないものだらけの当社がいかに新規事業を成功させるか。
昔は何もないなかで色々とやってきたんだと伝えることも勿論重要ですが
今フルアウトがないものに対して挑戦する姿勢を見せていかないといけないと思っています。
そして、ないものが多いなかでもお客様に貢献できるものを作れることを社員に実感してもらう必要があると感じています。
フォーラムに参加している現場のメンバーからは、幸先のよい報告を受けています。
今年は、あるものの中で試行錯誤するのではなく
どうすれば目指すところに辿りつけるのかということから逆算をし実行していきます。

関連記事

  1. 入院生活スタート

  2. 毎日、確実な一歩を進むこと

  3. DSPの仕組みを「バッティングセンター」で例えてみました

  4. インターン生がインターネット広告の種類を調べてみた

  5. 事業計画を己の成長にも

  6. 自分のビジョンをもとう

  7. DSPとは切っても切れないあのマークと、ITリテラシーについて

  8. わかったこと

PAGE TOP