波に乗りながら乗れないか乗れるかの波に乗る

311218_1500
この波は乗れそうと思う波に乗る。
その波に乗ることは簡単だ。やっぱり乗れたと思う達成感なんてなくて、あるのはもうちょっと挑戦しておけばよかったなっていう後悔だと思う。
ならば、頑張ればその波に乗れるんじゃないか、もしくは乗れなかったとしても挑戦したことを自分で自分で褒めれるチャレンジをしたい。
僕はそれを繰り返してきた。安牌を選べる時はいくらでもあったけど、きっとそれを選んだ先にあるのは、なんであんな選択をしたんだろうという気持ちだ。
逆に、ちょっと頑張ればあの波に乗れるかもしれないと思って挑戦して乗れなくて、自分の想像を超える玉砕を喰らったっていつも思うのは、なんであの波に乗れなかったんだろうなぁ、どうやったら乗れるんだろうなぁって気持ち。その波に挑戦したことに後悔はない。学ぶことしかない。
定住は求めない。高みを目指していこうじゃないか。
目指せる限り

関連記事

  1. 数字は遊びじゃないという話

  2. 毎日、確実な一歩を進むこと

  3. 遂に当社にCTOが入りました。

  4. 自分はどうしたいのか

  5. PCメガネ

  6. 4年前の今日

  7. 今日は久しぶりの採用イベント

  8. 後輩のプレゼン

PAGE TOP