DSP運用と外的要因

こんばんは、DSP運用チームの染谷です。

DSPの運用をしておりますと、昨日は上手くいった配信方法が急に効果がでなくなったりと、広告は水物だなと思います。
DSPの運用では人的な運用でどうにかなることもありますが、効果が出るためには、バナーだったりLPだったり、様々な要素が関係してきます。

そして、効果の左右する重要な要素に経済状況などの外的要因も含まれると考えております。
特に11月にかけて一時的に円安が進みましたが、円安が進むと金融系案件が好調と言われるとおり、弊社や他社様でのお話しを伺っても全体的に好調とのことでした。
他にも、流行に左右されたり、曜日に左右される案件があったり、DSPでは様々な要素が関係してきており、運用の大変な点であり、楽しい点でもあります。
さて、そんなで、今日も株価と為替の動きを目に追いながら、運用を進めております。

関連記事

  1. DSP運用の仕事とは その2

  2. フルアウトに飛び込み営業さんが来ました。

  3. 受付電話

  4. 2014年振り返りと2015年の目標

  5. 仕事納め

  6. 「自分と向き合っているか?」

  7. フルアウト 4歳の誕生日

  8. 株式会社フルアウト・第2回会社説明会!

PAGE TOP