決算前、最終月です

今月は、決算前最終月になります。
この前の経営合宿in横浜でも上げましたが過去最高に色々決めて
大枠は決まったものの、2日間では時間が足らず細かく決めていないことを決めにかかっているところです。
会議をするたびに進展はあるものの、新しく決めた施策がまだか、まだかととても待ち遠しく
この施策が走り、ハマればとても大きい飛躍につながるという確信があります。
ただその施策が始まれば、大きい飛躍に繋がるかというと決してそれだけではうまくいきません。
日々、毎日を噛みしめるかの如く決めたことを地道にやり続ける他ありません。
想定よりうまくいかないこともあるでしょう。
想定していないことがうまくいくこともあるでしょう。
結局は、試行錯誤とチャレンジを繰り返し続ける以上に他はありません。
それは僕だけでなく、メンバー全員にそうであってもらう必要があります。
人も増えてきて、多様さが増し、ただ言葉で伝えるだけでも、僕自身が率先してやるだけでもいけません。
同じにように伝える人も行動できる人も増やしていかないといけません。
前は僕が言っていたこと、やっていたこと、考えていたこと、などなど
変わらず自分で考えを持ちながらもなるべく任せているメンバーからアウトプットが出るようにしています。
今日は、2月の達成者の表彰だったのですが表彰対象のメンバーの一言で
「うまくいくと想定していた施策はうまくいかず、うまくいくと想定では確信できなかったことがうまくハマった。やってみないとわからないので
引き続きチャレンジしていきます」と言っていました。
そういった発言をするメンバーを頼もしく感じながら、彼が更にチャレンジをし続けたいと思う環境や機会を作っていかないと
感じました。
その第一弾としての、来期に向けたビジョンと構想があります。
妥協すれば決して達成できない目標です。
フルアウトらしい、「妥協なく全力でやりきる」ことをすれば達成できる目標です。
会議をする度に気が引き締まり、とても憂鬱な気持ちになります。
まるで筋トレのようです。
覚悟がないところに道はありません。
そういう全員で体現するべき、引き続き毎日をフルアウトしていきます。

関連記事

  1. フルアウト創業前の話~その1~

  2. DSPとは切っても切れない関係「DMP」について

  3. 久しぶりの再会

  4. DSPでできるセグメント配信

  5. クレーム対応こそ、本当の関係値づくり

  6. 想いについて

  7. DSPの指標に関するあれこれ

  8. フルアウトで働いて2年。新卒入社した人間はどう変わったか?

PAGE TOP