【DSP活用術】リピート施策で顧客単価アップを狙いましょう

<DSPでは指定したセグメントに配信可能ですが、実際にDSPを使ってどのような訴求ができるのか、今回から書かせて頂きます!>
こんばんは、DSP運用チームの染谷です。
さて、前回まで「DSPとは?」という基本的なお話しや、どういうセグメントに配信できるのか、ということを中心に書かせていただきました。
今回からは、具体的にDSPでこういう訴求ができます!ということを記載したいと思います。
第1弾は、ずばり「リピート施策」です!

リピート施策とは?

リピート施策とは、EC系のお客様などで、一度商品を購入したユーザーに繰り返しの商品購入を促す施策です。

どうやって実現するの?

商品のコンバージョンページ(ページA)にCVタグとは別にリタゲタグを設置していただき、そのリタゲタグに反応したユーザーへリターゲティング配信を行うことで実現できます。

どんな効果があるの?

一度商品を購入したユーザーに対し、別の商品を訴求することで、顧客単価の向上が見込めます。
また、サプリメントなど使用期間がわかるものに関しては、商品がなくなるタイミングで広告を配信することで、同様に顧客単価向上を目指します。
DSPでは、リターゲティング配信を行う際に、「タグに反応してから30日後から配信する」といったマーク期間を区切ることができるため、このような配信が可能となります。

他にどんなふうに活用できるの?

また、1回購入済みのユーザーに対し、2回目以降は送料無料になるなど、バナー・LPを工夫することで、一見のユーザーを定期顧客へと引き上げることも可能です。
また他にもタグを使った配信活用方法として、ログインページにタグを設置し、30日間ログインしていないユーザーなどの非アクティブユーザーへの訴求も可能となります。

今回は「リピート施策」について見てきました

このように、DSPでは基本機能を活用して、いろいろな訴求ができることも特徴の一つです。
ぜひ、リピート施策で顧客単価アップを狙ってみませんか?
また、活用術は適宜更新していきます!
これからもぜひよろしくお願いします!!

DSP活用術シリーズ
第2弾 【DSP活用術】課金ユーザーに自社広告を訴求して良質なユーザーの獲得へ
第3弾 【DSP活用術】リターゲティング配信を工夫することで成果を最大化
第4弾 DSP活用術!オーディエンス拡張でターゲットを拡大しよう

Webでの集客にお困りの方はこちら

関連記事

  1. 一人で出来ることは限られている

  2. DSPは広告配信タイミングが重要 ユーザーのことを考える想像力が問われ…

  3. シミュレーション

  4. DSPの仕組みを「バッティングセンター」で例えてみました

  5. フルアウトで働いて2年。新卒入社した人間はどう変わったか?

  6. いい報告

  7. 上手くいかないときー

  8. フルアウトのバランスについて

PAGE TOP