DSP運用の仕事とは その2

DSP運用の「キモ」とは DSPの目標は、お客様のサイトの集客や利益の最大化です。 そこに向けて、実際の運用では、いくつかの観点に絞って運用を行います。 具体的には、下記を中心とした数点です。 ・配信しているターゲットは適正か(配信先の属性は適正か) ・入札単価は適正か ・配信時間は適正か ・表示回数、タイミングの設定は適正か ・表示しているクリエイティブは適正か ・配信先のSSPは適正か ・配信先のサイト・メディアは適正か また、何をもって「適正か」と判断するのかも重要になります。 というのも、CTRやCPC、CPMやCPAといった各種指標は、案件ごとに違いますし、配信手法によっても変わるからです。 モノサシを用意することも大切ですが、柔軟に指標も見ることも大切です。 また、配信手法についても、ふと思いついた配信が上手く行ったり、理論上は上手くいくはずの配信が上手くいかなかったり。 常日頃からPDCAサイクルを回し、ゴールがないところも運用の大変なところであり楽しいところでもあります。

運用は月末月初、月曜日と金曜日が忙しい?

弊社は専属のクリエイティブ入稿要員がいないので(いるところも珍しいと思いますが)、DSPの運用チームが手分けして入稿を実施したり、数が多い場合には、社内の他の部署にも依頼して手伝っていただき入稿を行っております。 特に、週末前の金曜日には、入稿依頼が多いこともあり、社内総出で対応することもしばしばです(笑) また、月曜日にはお客様へ提出するレポートの作成があり、これも運用チームが案件ごとに分担して対応しています。 案件を見てみますと、月初から開始する案件が多いため、月初は特に細やかなチューニングを行います。 また、月末には翌月に向けた配信設定など、運用チームは、「月末月初」と「月金」が特に忙しくなります。

夢の中でもDSP運用。それでも楽しい理由は

よくDSPを運用している夢を見ます。 夢に管理画面はつきものです(笑) それでも運用が好きで楽しい理由は、昨日上手くいっていた運用が今日は上手くいかないなどの中でPDCAを回しながら、成果を出したときにはお客様に少しでも貢献できたと感じるからではないかと思います。 もちろん上手くいかない時もありますし、どう工夫しても成果が出ないときもあります。 ただ、上手くいっていなかった案件が少しの設定で大きく成果が良くなる場合もありますし、特にそういう時にお客様に喜んでいただけることが、やりがいでもあり、自分のモチベーションにも繋がっているのではと感じます。 さて、ラジオの告知の流れから、大きく内容が変わってしまいましたが!笑 ぜひラジオの方もよろしくお願いいたします! ]]>

関連記事

  1. ジョブトライアウト 札幌の陣(2017年卒 採用イベント)

  2. 新卒採用向けイベント 3月22日(日) DEiBA東京10期

  3. 初詣に行きました。

  4. フルアウトに飛び込み営業さんが来ました。

  5. 2016年卒向け 新卒採用イベント 情熱フェスタ 3/8 〜北海道編〜…

  6. 今年もジョブトライアウト(JobTryout)に参加しています!

  7. 初めまして!インターン生の山中です!

  8. トライアスロンの大会にでます

PAGE TOP