アコムの利用がバレる4つの原因とその対策法を解説

アコムの利用を考えていても、もし家族や会社の人にバレたらどうしよう…と考えて躊躇している方がいるかもしれません。

基本的にアコムはプライバシーに十分配慮してくれるのですが、申し込み・契約時や利用しているときに自宅や会社に連絡がくるケースがあるのも事実です。

今回は、アコムの利用がバレる4つの原因と、バレずに利用するための対策について解説していきます。

アコムの利用がバレる4つの原因

アコムから電話や郵送物が届くことで、家族や同僚にアコムの利用がバレる恐れがあります。

アコムから電話や郵送物が届くケース、つまり周囲にバレてしまう原因としては、以下の4つが挙げられます。

  • 在籍確認
  • 契約・カード発行
  • 自動契約機や店頭窓口への出入り
  • 延滞時

それぞれについて詳しく見ていきます。

在籍確認

在籍確認とは、申し込み時に記載した勤務先で本当に働いているかを確認するため、アコムが勤務先に電話をするというものです。

在籍確認では、申し込み者本人と話すことが必須ということではありません。申し込み者が電話に出られなくても、会社の方が「本日は休みをいただいております」「ただいま席を外しています」との返事をすれば働いていることが確認できたと判断し、それで終了です。

また、アコムの電話は会社名を名乗らず、個人名だけでかかってきますのでアコムから電話がかかってきたことがバレる可能性は低いため安心して良いでしょう。ただし、今の時代は個人名で会社に電話をかけることが珍しいため、それだけで在籍確認を疑われてしまうリスクもあります。

契約・カード発行

郵送で契約する場合は、自宅に契約に関する書類が送られてきます。また、インターネットで契約する際にも希望に応じて契約に関する書類を送付することがあります。

また、アコムを利用するためには、カードの発行が必須となります。アコムでは、3つのカード受け取り方法を用意しています。

  • 郵送
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 店頭窓口

郵送によるカード受け取りを選んだ場合、自宅にカードが届きますので家族に見られてしまうリスクがあります。

封筒は「アコム」という社名ではなく、「ACサービスセンター名」となっています。封筒を見ただけではアコムからの書類だ気づかれることはないでしょう。

ただし、封筒を開けてそれを家族に見られると、アコムの申し込みがバレる可能性があるのです。

自動契約機や店頭窓口への出入り

アコムは自動契約機や店頭窓口で申し込み・契約手続きやカード発行が可能で便利です。

しかし、自動契約機や店頭窓口に出入りする姿を見られてしまえばアコムの利用は隠せません。

延滞時

返済が遅れると、アコムから個人の連絡先に電話がかかってきます。ここできちんと対応すれば問題ありませんが、連絡を無視していると勤務先に電話がきたり、自宅に督促状が届いたりすることがあります。

返済が遅れれば自宅や会社に取り立てが来るのでは…と不安に感じる方がいるかもしれませんが、貸金業法によって取り立て行為は規制されています。むやみに勤務先や自宅に訪問しない、家族や会社、近所の人など本人以外の第三者に借金について口外しないなど定められていますので、アコムでもそのような連絡や取り立ては行いません。

ただ、延滞が続けば遅延損害金が膨らみます。アコムでは、遅延損害金年率20.0%を日数に応じて支払わなければいけません。

10万円を借り入れして返済日の翌日から5日間返済が遅れた場合、10万円×0.200÷365日×5日=273円の遅延損害金が発生する計算になります。

また、延滞をすると信用情報にも延滞記録が登録されてしまう、つまりブラックになってしまう点にも注意が必要です。

アコムをバレずに利用するためのポイント

アコムをバレずに利用するためには、次の4つのポイントを押さえておきましょう。

ポイント①連絡先は携帯電話にしておく

アコムを申し込む際には、申し込みの本人確認やその他の連絡のために連絡先を記入します。このとき、自宅の電話番号ではなく個人の携帯電話にしておけば、まず携帯電話に連絡が来るので安心です。

ここで注意しなければいけないのは、アコムからの電話に気付かず無視をする、掛けなおさないのはNGであるということです。

個人の携帯電話にかけて繋がらなければ、アコムはどうにかして連絡を取ろうとします。他に記載してある勤務先や自宅に電話をする可能性があります。

もちろん、本人の携帯電話以外にかける場合はアコムと名乗らず、担当者個人名で電話をしてくれます。ただ、アコムから自宅や勤務先に電話がくるのは落ち着かないと思いますので、アコムからの通知にはきちんと対応するように意識しておきましょう。

ポイント②契約・カード受け取りは自動契約機を利用する

アコムは郵送で契約すると自宅に契約書類が届くことを紹介しました。

契約方法で自動契約機、店頭窓口を選択すれば、自宅に契約書類が送付されることはありません。

最寄の自動契約機や店頭窓口がどこにあるか、チェックしておくと良いでしょう。アコムの公式サイトでは、店舗・ATM案内ページから自動契約機の場所、営業時間、行き方が検索できます。

自動契約や店頭窓口では、カードを受け取ることもできます。発行されたカードを郵送で受け取ると家族にバレるリスクが高まるだけでなく、届くまで日数がかかるというデメリットもあります。

申し込む前に、行動範囲内にある自動契約機や店頭窓口を調べておきましょう。

また、利用時には自動契約機や店頭窓口を出入りする姿を見られないよう、周囲に気を配っておきたいですね。

ポイント③返済に遅れない

返済に遅れると、アコムから連絡がくることがあると紹介しました。つまり、毎月返済日にしっかりと返済すれば良いのです。

返済に遅れないための対策については、次の項目で詳しく解説します。

ポイント④利用明細書をWEB照会にする

アコムでは、毎月の利用明細や契約を係る書類をホームページ画面で確認することができます。これは、アコムの「電磁交付」というサービスで、会員ページログイン後に「書面の受け取り方法」メニューから手続きする必要があります。

「電磁交付」を承諾することで自宅への郵送物を減らすことが出来るため、ぜひ押さえておきましょう。

返済遅れを防ぐ4つの対策方法

アコムの返済を毎月確実に行うことが、周囲にアコムの利用がバレるリスクを下げることに繋がります。

返済遅れを防ぐための対策方法として、以下の点が挙げられます。

  • 返済しやすい方法を選ぶ
  • 忘れにくい返済日を設定する
  • eメールサービスに登録する
  • 返済が難しい時は早めにアコムに連絡する

それぞれの方法について解説しましょう。

返済しやすい方法を選ぶ

アコムの返済方法は4つあり、自分で選ぶことができます。

各返済方法の特徴を見ていきます。

返済方法 特徴
インターネット ・24時間・土日祝日も対応で手数料は無料
・ネット環境があればどこにいても返済可能
アコムATM
提携ATM
・アコムATMは24時間・土日祝日も対応
・コンビニなど全国の提携先ATMで返済が可能だが
提携先ATMの営業時間は要確認
・提携ATMを利用する際には手数料がかかる
店頭窓口 ・平日9時半~18時までと限られるが相談しながら返済できる
・手数料無料
振り込み
口座振替
・アコム指定口座への振り込みで返済可能だが手数料がかかる
・返済口座の番号は会員ページで確認
・口座振替は指定した金融機関に自動的に口座から引き落とされる
・口座振替開始まで申し込みから2~3か月かかる

どの方法で返済すれば忘れないか、返済しやすいかを考えて選択しましょう。

忘れにくい返済日を設定する

アコムには、3つの返済期日があります。自分が忘れにくい返済日を設定するのも、返済に遅れないための対策になります。

まずは3つの返済期日の特徴を比較してみましょう。

返済期日 特徴
35日ごと 前回返済日の翌日から35日目が返済期限になる
取引途中で追加借入をしても返済期日は延長されない
指定返済日 自分が希望した指定日が毎月指定期日になる
返済期日より15日以上前に入金すると前月の追加入金扱いとなる
毎月6日 口座振替での返済は毎月6日が返済期日になる

35日ごとの返済は35日の期限内であればいつでも返済できるメリットがありますが、返済日が〇日と決まっていない為返済日を把握しづらいデメリットもあります。

指定日にする場合は給料日と合わせると忘れにくく、手元の資金にも余裕があるのでオススメです。

口座振替は毎月6日に自動で引き落とされるため返済忘れのリスクは避けられますが、口座残高が少ないと引き落としできないので注意が必要です。

「35日ごと」と「毎月指定期日」の返済期日は、店頭窓口や自動契約機、電話にて変更手続きが可能です。

返済日を忘れた場合は会員ページにログイン→「ご利用状況」から確認可能です。

eメールサービスに登録する

アコムのeメールサービスに登録することには、次の3つのメリットがあります。

  • 返済期日の3日前と当日にメールが届く
  • 返済期日経過についてもメールが届く
  • カード更新案内やキャンペーン情報が届く

返済期日の3日前(土日祝日を除いた3営業日前)にメールが届くので、返済日を忘れるリスクを軽減できます。うっかりを防ぐためにも、ぜひ登録しておきたいサービスです。

登録方法は、次の3ステップです。

STEP1:会員ページにログインする
STEP2:eメールサービスに登録する
STEP3:規約に同意し、メールアドレスを登録する

利用は無料です。

返済が難しい時は早めにアコムに連絡する

手元に現金がなくて返済できない、そんなときはアコムに連絡してください。

アコムでは、一時的な約定返済金額の減額ができます。また、返済期日の変更相談も可能です。

アコムに相談してきちんと対応を決めてその通りにすれば、返済日に遅れてもアコムからの連絡を防ぐことができます。きちんと返済する意思があることを伝えるという意味でも、返済が難しくなりそうなときは早めにアコムに連絡することをオススメします。

アコムの利用がバレるのを避けるなら延滞せずきちんと返済を

アコムの利用がバレる原因としては、在籍確認、カード受取り、延滞等の連絡という3つが考えられますが、在籍確認連絡は社名ではなく個人名でかかってきますし、カードの受け取りも郵送ではなく自動契約機または店頭窓口を選択することでバレるリスクを下げられます。

バレずに契約できれば、あとは実際の利用でバレないように気を付けるだけです。

返済が遅れると個人名で携帯電話などに連絡が来るのですが、延滞が続けば自宅に督促状が届く、電話がかかってくるなどでバレるリスクが高まります。

家族や会社の人にバレないために、そして毎月の返済をしっかりとする、返済が遅れそうなときは早めに相談して対応するということを心がけましょう。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる