カードローンをアルバイトでも利用したい!安心できる会社は?

アルバイトやパートで働いていると、貯金するゆとりはなかなかないかもしれません。「急に飲み会に誘われた」「虫歯になって治療費がかさんだ」など、急な出費があると途端に金欠になりがちです。

お金を借りたいけど、アルバイトやパートでは貸してもらえないだろうと困っていませんか?

実は、アルバイトやパートでも、融資してくれるカードローンはあります。

この記事では、アルバイトやパートが利用できるカードローンの種類や審査で重視されること、在籍確認の電話などについてまとめました。アルバイト・パートにおすすめのカードローンも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

アルバイト・パートでもカードローンでお金を借りられる

「アルバイトやパートだとお金を借りられないのではないか」と、不安になる人は少なくありません。無職だと借りられませんが、アルバイトやパートで働いているなら、お金は借りられます。しかし、全ての金融機関が貸してくれるわけではありません。

ここでは、銀行カードローンと消費者金融カードローンについて、アルバイトやパートで働いている人の申し込みに対してどのような対応をしているのかお伝えします。

銀行は非正規に厳しい

まず、カードローンを含めて銀行の融資は、アルバイトでは厳しいと言わざるを得ません。銀行によっては、申し込みの段階で、「アルバイト不可」と明記されているところもあるほどです。

銀行の融資は、継続的な安定収入の見込みがあるという条件があるので、安定性の低いアルバイトには不利だと考えられます。継続して返済できるか不安ということです。

アルバイトの中でも、特に学生はまず審査に通らないでしょう。学生ではないアルバイトは、安定した収入がある場合は、金融機関によっては審査に通る可能性があるかもしれません。目安としては、年収150万円以上で1年以上同じ会社で働いていること。

アルバイトの人は、一般の銀行よりはネット銀行の方が融資を受けられる可能性が少し高まるでしょう。

消費者金融カードローンなら借りられるところが多い

アルバイトの人がお金を借りるなら、消費者金融のカードローンがオススメです。消費者金融は、積極的に融資をしてくれるので、アルバイトだからといって大きく不利になることはありません。

しかし、消費者金融でも、安定した収入があるというのは条件です。安定した収入がない場合、返済してもらえないかもしれませんから、そこはしっかり審査されます。

返済の計画が立てられない状況でお金を借りてしまうと大変なことになるので、アルバイトといっても、しっかり返済できる勤務状況であることは必須です。

返済の計画が立てられる状況なら、消費者金融のカードローンは、アルバイトでも十分審査に通る可能性があるでしょう。

アルバイト・パートは他の職業より借りやすい

消費者金融では、アルバイトは比較的安定した職業と考えられています。

公務員、会社員が安定していると判断されるのはもちろんですが、実はその次に安定性を信頼されているのは、アルバイトです。アルバイトは雇用契約を結んでいるので、仕事としては比較的安定しています。

自営業やフリーランスは収入が安定しないので、アルバイトより審査に不利な職業です。また、専業主婦だと融資してもらえません。

銀行は公務員や大手の会社員が有利になりますが、消費者金融ならアルバイトは個人で事業をしている人よりも借りやすいと考えられるので、安心してください。

時給が低くてもカードローンは利用できる

消費者金融のカードローン審査では、時給はあまり重視されません。時給そのものを申告する項目もおそらくないでしょう。

ただし、影響があるのは、上限額です。借りられる上限額の決め手のひとつに年収があります。時給が低いと、年収も低い傾向があるでしょうから、たくさん借りることは難しいと考えておきましょう。

カードローンの審査で見られるポイント

審査では、どこが見られているのか気になりますよね。職業ももちろん見られますが、他にも様々なところを総合的に判断して、融資の可否は判断されます。職業や収入の他にも、勤続年数や他社からの借入額、住まいの状況がポイントです。ここでは、審査で特に見られているところをお伝えします。

安定した収入があるか

安定した収入があること、継続した収入が見込めることは、かなり重要なポイントです。収入額が少なくても、それ相応の上限額で融資を受けられますが、収入の見込みがない場合は審査に通りません。

この収入の安定性・継続性は、職業でもある程度判断できるため、公務員や会社員は有利です。しかし、先ほどもお伝えしたように、アルバイトでも安定した収入が見込めると判断されることは多くあります。

勤続年数は長いほど有利

継続して収入が見込めるかという判断に重要なのが、勤続年数です。同じ会社で何年働いたかが見られます。

もちろん、長いほど良いです。1年継続して働いていると、信頼性は高まるでしょう。逆に1ヶ月未満の場合は、不利になってきます。

働き始めて1ヶ月未満でも融資してくれるカードローンはありますので、勤続年数が短い人は、そうしたカードローンを選ぶと良いでしょう。

レイクALSAやプロミスなど、1週間以上勤務していれば融資してくれるカードローンがあります。

意外とチェックされる住居の状況

住まいの状況も審査では見られるポイントです。持ち家か賃貸か、賃貸なら何年住んでいるかが見られます。

持ち家の場合は、家を売却できるので、返済をしてもらえるという安心につながります。また、自己所有はもちろん、家族所有の場合であっても、持ち家なら簡単に引っ越しをしないだろうと予想できるので、連絡が取れなくなる可能性が低いのもポイントです。ただし、高額な住宅ローンが残っている場合は、逆に警戒されるポイントにもなりかねません。

賃貸の場合、長く同じところに住んでいるなら、問題ありません。居住年数が短いと、もしかしたらすぐに引っ越しをして連絡が取れなくなるのではないかというマイナスジャッジを受ける可能性があります。

他社借り入れ額が多いと審査に落ちる

他社での借り入れ額は重要です。多重債務になっていないか、借り入れ額が膨らんでいないかはチェックされます。

自分でよく把握できていなかったり、高額の借り入れがあり隠そうとしたりしても、嘘はバレます。金融機関が共有している情報機関で、他社で借り入れている合計額はすぐに分かるので、嘘を申告しないように気を付けてください。嘘は信頼を損なってしまうので、審査にダメージを与えます。

利用目的は適正か

利用目的の確認をされることもあります。この利用目的によっては、審査に通らないこともあるので注意しましょう。

他社への返済や投資、引っ越し費用、事業資金を目的とした申し込みは危険です。

特に他社への返済と事業資金は、カードローンの規約で禁止されていることが多いので、これらの目的で利用する場合は規約を確認しておきましょう。事業資金はともかく、他社への返済のために新たな借り入れをすると、遅かれ早かれ生活は破綻します。新しく借り入れするより、仕事を増やすか債務整理するなど、借り入れとは別の手段を検討しましょう。

引っ越し費用が良く思われないというのは、連絡がつかなくなる可能性があるからです。お金を貸す会社としては、連絡が取れなくなるのが一番困ります。引っ越しの可能性がチラつくとマイナスに響くかもしれませんので注意してください。

在籍確認は恐れる必要なし

お金を借りるときは、必ず職場への在籍確認がおこなわれます。在籍確認は電話でおこなわれるのが一般的です。

電話なのでカードローンの申し込みがバレるのではないかと心配になるかもしれませんが、カードローンの会社は、電話をかけるときは担当者の個人名でかけます。カードローンの申し込みをしたことはバレません。

アルバイトやパートの人は、もしかすると、電話に対応する社員が名前を把握してくれていない可能性もあるので、電話に出る方に、「クレジットカードの審査で電話が入るかもしれません」と一言伝えておくと良いでしょう。

カードローン会社に申告する勤務先の電話番号は、できれば自分で対応ができる電話番号がオススメです。しかし、勤務先によっては、教えて良い番号が決まっていることもあるので、電話に厳しそうな会社なら、事前に確認しておきましょう。「引っ越しやクレジットカードの審査で伝える電話番号はどの番号ですか?」と聞けば教えてくれます。

もし、電話がかかってくるのが不自然な会社や私用電話が禁止されている会社であれば、カードローン会社へ事情を相談しましょう。他の書類の提出で確認してもらえることがあります。

短期や日雇いのアルバイトは厳しい

雇用期間の定めがなかったり、更新でも自動更新だったりと長期を想定した働き方の場合、アルバイトでもカードローンの審査に通る可能性はあります。

では、短期や日雇いの場合はどうでしょうか。

短期や日雇いの場合でも、継続して働く見込みがあるなら、審査に通る可能性はあります。しかし、不安定ではあるので、厳しい判断をするカードローン会社が多いのは否定できません。

継続して働いている、もしくは、契約は短期や日雇いでも今後も継続する見込みがあることを伝えられるなら、借り入れのチャンスはありますので、カードローン会社に先に相談してみることをおすすめします。

アルバイトの借り入れ上限額は少額

アルバイトの人は、借り入れ上限額は10万円以下になる可能性が高いでしょう。

勤続年数が長い公務員や大手の会社員と比べると、どうしても借りられる額は少なくなります。上限額は、収入額にあわせた設定になるので、収入自体が少ない傾向があるアルバイトは、契約時の借り入れ限度額は少額になりやすいです。

継続して取引をしているうちに、信用が溜まって限度額が上がる可能性があります。最初から高額で借り入れしようとせず、少額からはじめて、徐々に信頼関係を構築していくと良いでしょう。

契約時の限度額は、希望した額より低い額で審査に通ることもあります。しかし、希望限度額が高すぎて審査に落ちることもあるので、10万円以内で希望しておくのが無難です。

また、総量規制により、年収の1/3までしか貸付ができない決まりがあります。アルバイトの場合は、給料を1回受け取っていれば、その給料から年収を予測することになるでしょう。年収の1/3まで借りられるということではないので、一般的に、年収の1/3より少ない額が上限額になります。

アルバイト・パートが賢くカードローンを利用するコツは無利息期間

アルバイトは、収入が不安定になりがちです。カードローンの利用をするときは、長い期間をかけて返済していくのではなく、短期間でサクッと返すのがコツと言えます。

アルバイトの人にオススメしたいのは、無利息期間を上手に使うことです。

たとえば、プロミスなら、メールアドレスの登録とweb明細の利用で、最初の借り入れから30日間は無利息になります。

他のカードローンでも似たような無利息期間が設定されていることがあります。契約日の翌日から30日というルールになっているカードローン会社が多い中、プロミスは借り入れ日の翌日から30日なので、無駄がありません。

「今月ちょっと予算オーバーしそう」というときに、利息負担が軽く借りられるので、ぜひ無利息期間の活用をしてください。

アルバイト・パートにおすすめのカードローン

アルバイトやパートで働いている人がお金を借りられるおすすめのカードローンを紹介します。

プロミス

1週間でも勤務しているなら申し込みが可能です。もちろん勤続年数が長いほど審査には有利ですが、アルバイトをはじめてからまだ日が浅い人にもおすすめです。

メールアドレスの登録をして、web明細を利用すれば、最初の借り入れ日の翌日から30日間は無利息になります。審査は、最短30分で結果が出るので、急いでいるときにも活用しやすいカードローンです。

アコム

1ヶ月以上働いているならアコムも申し込み可能です。アコムは勤続年数が長いほど良く、短い人には厳しい傾向があります。最低でも1回は給与をもらっていることが必要なので、1ヶ月未満の人は、審査に通らない可能性が高いと言えるでしょう。

アコムは、契約日の翌日から30日間が無利息期間。審査も最短30分です。

アイフル

1週間以上勤務していればアルバイトやパートでも借りられる可能性があるカードローンです。もちろん、長期のアルバイトやパートなら、審査に通る可能性があります。勤続年数が長いほど有利なのは当然ですが、短期契約でも申し込みできるのはアイフルのメリットと言えるでしょう。

アイフルも契約の翌日から30日間、無利息です。

レイクALSA

レイクALSAもアルバイトやパート、借りられる可能性があります。アルバイトやパートを始めると、最初の給料日までの生活に困ることも少なくありません。その期間をやり過ごしたい人には申し込みやすいカードローンです。

アルバイト・パートの金欠には消費者金融カードローンを賢く使おう!

アルバイトやパートで働いている人にとって、カードローンの審査は高いハードルを感じるかもしれません。確かに、公務員や会社員と比べると不安定さはありますが、自営業と比べると安定している職業です。アルバイトやパートでもカードローンの審査には通る可能性が十分あります。

借り入れできる金額は少なめになる傾向はありますが、計画的に返済できる範囲で利用しましょう。

無利息期間を上手く活用して、返済額を抑えることも大切です。

急な出費があると途端にお金が足りなくなりがちなアルバイト・パートには、消費者金融のカードローンがあると心強いのではないでしょうか。短期返済を心がけて、賢く利用してください。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる