ブラックでも通るカードローンは存在するの?解説します!

「どうしてもお金が必要」「ブラックだけど必ず返すからカードローンを!」。苦しいときにはそんなことも考えますよね。

でも、ブラック状態を解決するしかカードローンの審査には通りません。

たまに「ブラックOK!」「ブラックでも借りられた!」という宣伝や口コミを見かけますが、よく調べてみるとあまり良い業者ではなかったり…ということも。

ブラックの人はどうすればカードローンを作れるようになるのでしょうか。その解決方法を探りましょう。どうしてもお金が必要なときの対応策もご紹介します。

カードローンは無理!ブラックの意味と不自由さ

カードローンをはじめ、銀行や消費者金融、信販会社からの借入がほぼ不可能になってしまうのがブラックです。「ブラックリストに載ってしまった」という言い方をすることもあります。

ブラックになってしまうと不自由ですし、社会的な立場も気になります。ただ、犯罪者になったわけではありませんのでその点は安心です。

  • ブラックは犯罪者ではない
  • 銀行、消費者金融、信販会社からの信用を失っている状態
ブラックの人は銀行をはじめとした金銭商品を取り扱う機関・企業から信用を失い、これ以上の融資ができないと判断されている状態です。信用回復をしなければ今後の借入もできません。

「ブラックはカードローンで借りられない」というのはそれが理由です。カードローンに限らず、ほかの金融商品(住宅ローンやカーローン、教育資金ローンなど)の審査に通ることもほぼ絶望的です。

ブラックではどんな制限があるのか

ブラックの人は「これ以上借りられない」というのが最大の制限です。カードローンやキャッシングはもちろんのこと、信販の分割払いも難しい状態になっています。スマートフォンの分割払いも断られます。

  • ブラックである以上は新規の借入ができない
  • クレジットカードも作れない
  • 借入残高があれば返済だけは続けなければならない
  • 自己破産でのブラックはほかにも一時的な制限がつく

ブラックの人はクレジットカードもほぼ作れないと考えておきましょう。現金のみでも生活できますが、今の時代はクレジットカードがなければ何かと困るシーンも多いため、厳しいと感じる人も多いでしょう。

また、もしもまだ借入したお金を全額返済できていない状態なら、利息も含めて返済だけは続ける必要があります。新しい借入はできない、でも返済だけは続く…となると、返済日が近付くたびに溜息をつきたくなりそうです。

自己破産によってブラックになってしまっているのなら、一時的に特定の職業につけないという社会的ペナルティも発生します。

自分はブラックなの?信用情報機関で調べられる

「自分がブラックかどうか正確なところが分からない」という状態の人もいるでしょう。何となくお金のことで失敗して、何となくブラックになってるかも…という曖昧な悩みがあれば、自分の信用情報を調べてみましょう。

  • 信用情報機関で自分の情報をチェックできる
  • 情報開示は本人でも有料だが安価
  • 情報内容を変更することはできない、閲覧のみ

銀行や消費者金融、信販会社の利用履歴は、信用情報機関に登録されています。金融機関の人、そして本人が登録されている情報を閲覧することができます。

信用情報機関は3つあり、過去に利用した金融商品で登録先が異なります。

信用情報機関名称 対象金融機関・企業 開示方法:手数料
全国銀行個人信用情報センター(JBA) 銀行 郵送のみ:1,000円
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 信販会社 窓口:500円
インターネット:1,000円
郵送:1,000円
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融 窓口:当面受付停止(2021年6月現在)
スマートフォン:1,000円
郵送:1,000円

自分が過去に銀行、消費者金融、信販会社のいずれかと金融商品の取引をしている記憶があるのなら、それぞれの情報が登録されている信用情報機関で確認してみましょう。手数料と本人確認証が必要です。

見ても「ブラック」と書かれているわけではありません。しかし、「ブラックって書かれてないから大丈夫だ、借りられる!」と思うのは残念ながら間違いです。

開示された自分の情報の中に、「異動○○年○月○日・支払条件変更○○年○月○日」という記載があれば、確実にブラックになってしまっています。

もともと「ブラック」という言葉は正式な名称として使われていません。あくまで通称です。そのため、正確な記録を残している信用情報機関では使われない言葉なのです。

「ブラックリスト」も同様で、そのようなリストはどの金融機関にも存在していません。個人の情報を参照したとき、初めて「ああ、貸せない人だ(ブラックだ)」と分かる仕組みになっています。

個人の情報を参照できるのは審査をする金融機関の担当者と、そして本人だけです。ブラック状態が外部に分かることはないため、その点は安心してくださいね。

どうしてブラックに?その理由と解決方法

「自分がブラックになっている可能性は?」と考えたとき、以下のことをチェックしてみましょう。あてはまることがあればブラックの可能性がありますので、信用情報機関の情報開示の検討も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

  • 返済日に間に合わなかった
  • 遅延・延滞を何度も繰り返している
  • 踏み倒した
  • 任意整理をした
  • 1度に2社以上に申し込みをしている
  • 短期間に複数の会社に申し込みをしている

返済日に間に合わなかった経験がある人、遅延や延滞を何度も繰り返している人は注意しましょう。確実にブラックになっているとは断言できませんが、悪質だと判断された場合はブラックの可能性が高くなります。

悪質というのは、返済日に遅れているのに金融機関側からの連絡を意図的に無視していたり、返済確認の連絡をしてきたスタッフに乱暴な態度を取ったりすることです。連絡は誠実に対応しましょう。

踏み倒したとなると大問題です。確実にブラックです。法的な手順を踏まずに借金を踏み倒すのは金融業界において最大の信用失墜行為です。

任意整理は法的な手順を踏んだ増えての借金整理ですので問題はありませんが、「大きな返済トラブルを起こした」という事実は事実ですので、やはりブラックです。ただ、踏み倒しよりはよほど誠実です。

あまり知られていないかもしれませんが、1度に2社以上に申し込みをしたり、短期間で複数の申し込みをするのもブラックの対象になります。これは「申し込みブラック」と呼ばれる状態です。

申し込みブラックは、「とにかくお金を借りられればどこでもいいのでは?」「返済が期待できないくらいに切羽詰まっているのでは?」と受け取られます。

知識がなくて「とりあえずカードローンをしてみたい、いくつか申し込んでみよう」という考えで複数申し込みをしてしまう初心者もいるのですが、金融機関側にはそんな事情が分かりません。

金融機関側が今後の返済を危惧し、申込者を審査に落とし、ブラックとして扱うことになります。初めてカードローンを使うときにはこの点に気を付けておきましょう。

ブラックを解決したい!1番の方法は情報削除待ち

ブラック状態は一生続くわけではありません。一定の期間が過ぎれば削除されることになっています。削除をおこなうのは登録した金融機関のスタッフで、自分で削除することはできません。

  • 決められた情報保管期限が過ぎれば削除される
  • 削除した連絡はおこなわれない
  • ブラックになった理由によって保管期限が変わる

信用情報機関では、それぞれの情報に保管期限が設けられています。この期限が過ぎれば削除され、削除後は情報を閲覧してもブラックになった理由は分からなくなっています。

情報が削除されればブラック状態が解除されたということになり、今後のカードローンの申し込みに悪影響が出ることはありません。

削除した連絡はありませんので、「保管期限が過ぎたな」と思ったら念のため情報開示をして確認してみると良いでしょう。

期限を過ぎた情報はほぼ確実に削除されています。しかし以前、何らかのミスで削除されていなかった事例もあります。確認しておいたほうが安心です。

保管期限は情報の内容によって違います。以下を参照し、自分の気になるトラブル情報が削除されるまでの期間をチェックしてみてください。

情報内容 保管期限(最大)
延滞(61日以上) JBA:延滞解消から5年
CIC:延滞解消から5年
JICC:延滞解消から1年
延滞(3ヶ月以上) JBA:延滞解消から5年
CIC:延滞解消から5年
JICC:延滞解消から5年
強制解約(契約解除) JBA:5年
CIC:5年
JICC:5年
代位弁済 JBA:5年
CIC:5年
JICC:5年
任意整理・特定調停・個人再生 JBA:5年
CIC:5年
JICC:5年
自己破産 JBA:10年
CIC:5年
JICC:5年
申し込みブラック JBA:1年
CIC:6ヶ月
JICC:6ヶ月

注意点としては、延滞情報は「延滞が解消された日から」起算されることです。つまり「返した日から」です。登録された日からではないので気を付けましょう。

自己破産に関しては、JBAだけが10年となっています。以前はCICも10年でしたが、現在はJBAのみです。

JBAは官報情報を収集しており、官報に掲載された自己破産情報を審査に利用します。官報の自己破産情報は10年で破棄されるため、JBA側も10年の保管期限にしているようです。

返済だけでも信用回復の可能性がある

カードローンの借入ができなくなり、ブラック状態になっている人でも、借入残高を誠実に返済することによって少しずつ信用を取り戻せる可能性があります。

「以前はトラブルがあったけど今は誠実に返済しているな」という印象を持たれるためです。もちろんすべての金融機関で通用するわけではありませんが、誠実な態度を順調な返済によって示すのは大切なことです。

また、信用情報機関の登録期限はあくまで「最大日数(年数)」であり、状況によってはそれより早く削除されることも有り得ます。

最大年数で削除されたとしても、金融機関内の自社データベースには記録が残っています。「返済中は誠実だった」ということが今後の取引で有利に働く可能性も否定できません。ぜひ遅れない返済を続けて下さいね。

どうしてもお金がいる!カードが欲しい!使える方法とは

カードローンが使えない以上、借入ができるまでは手持ちの現金で過ごすことになります。しかしときには思わぬ出費が必要になるでしょう。とくに医療費や食費、子供の教育費などは文化的な生活をするためにも必須です。

もしもそのような出費が必要になったときには公的制度を頼って下さい。カードローンで借入をするよりも低い金利で融資を受けられます。返済も融通が利くため、家計に応じた返済計画を立てることも可能です。

ただし旅行費用やアミューズメントのための遊興費目的、カードローンなどの借金の返済目的での融資は不可能です。あくまで文化的な生活を維持するための生計費に限られます。

各自治体では必ず相談窓口を設けています。困ったときには相談してみてください。状況に応じた制度を紹介してくれますし、緊急性が認められればその場で手続きを開始してくれます。

クレジットカードが必要なときには代わりに使えるデビカを

カードローンとは異なりますが、カードローンが作れないほど信用情報に問題がある場合にはクレジットカードも作れません。

買い物や公共料金の支払いは現金でもできますのでさしたる不便はないかもしれませんが、最近は「クレジットカード払いのみ」となっているケースも見られるようになっています。

そのようなときにはデビットカードがおすすめです。銀行口座内にある金額しか使えませんので、借金が増える心配がない上に、多くの場合はクレジットカード同様の決済が可能です。

デビットカードのほとんどは、一部を除いて審査がないため、ブラックでも大丈夫です。必要ならお好みのデビットカードを作ってみましょう。

時間が経てばまたカードローンOKに!プロミスで再出発

信用情報機関からブラックの理由である情報が削除されれば、また新しいカードローンに申し込むことができます。

しかし信用情報が綺麗になったということは、「お金を貸しても良いか」という判断材料も一緒に消えていることになります。過去の順調な返済履歴があったとしても、保管期限が過ぎればそれも削除されてしまうからです。

そんなときに選びたいのがプロミスです。大手消費者金融のブランドであるプロミスは、顧客のニーズにフレキシブルな対応をしてくれます。

また、カードローン商品そのもののスペックも高く、安全にカードローンを使いたいという人にはぴったりでしょう。

「もうブラックになりたくない」と考えている人ならなおさらです。プロミスは手厚いサービスを用意しています。

  • 無利息期間があるため利息を節約しやすい
  • 初回利用時の金利が他社より低い
  • 来店不要で申し込める上に審査スピードが速い
  • プライバシー確保の相談に乗ってくれる

初回利用時の金利が低い上に、無利息期間サービスを使うことができます。30日間は利息が発生しないので、この間に完済すれば元金の返済だけで済み、大幅な利息カットが可能です。

インターネットからの申し込み方法も充実しているため、来店しなくても申し込み手続きが可能です。審査もスピーディーにおこなわれ、最短即日融資も期待できます。

カードローンの申し込みを周囲の人に知られたくないという人にも、プロミスは個別に相談に乗ってくれます。この場合、申し込み手続きが完了したらすぐに専用ダイヤルに電話をしましょう。

ほかにも返済遅れを防ぐ「ご返済日お知らせメール」、提携ATMの手数料無料サービスに使えるポイントサービスなど、顧客の立場に立った目線のサービスが多く用意されています。

返済計画こそ借入の基本!ブラックにならないことが大切です

1度ブラックになってしまうと、次にカードローンの契約ができるまでかなりの時間を要することが少なくありません。短くても半年、長ければ10年にも及びます。

ブラックにならないのが1番ですが、もしなってしまった場合には信用情報機関から情報が削除されるまで待つしかありません。その間に現金が必要になったら公的制度を頼って乗り切りましょう。ブラックはいつか終わります。

ブラック情報が確実に削除されているかどうかは、保管期限が過ぎたあとに自分で情報開示をしてチェックしてみたほうが良いでしょう。

何らかのミスでブラックに該当する情報が削除されていない場合、次に申し込むカードローンや金融商品の審査に悪影響が出てしまいます。

ブラック期間が明けて再度カードローンの契約ができるようになったら、次は今まで以上に慎重に使いましょう。とくに返済計画を詳細に立てるのは大切です。もうブラックにならないように気を付けていきたいものですね。

※記載の情報は2021年6月現在のものです。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる