学生がお金を借りるなら!おすすめのカードローンを紹介

活動的な学生は、何かとお金がかかります。「サークルの飲み会でお金を使ってしまった」「参考書をたくさん買った」「デートに奮発した」「友達の結婚式に参加した」など、アルバイトを頑張っても、生活費が足りない月があるかもしれません。

そんな時にまず考えるのは、親にお金を借りることや持ち物を売ることではないでしょうか。

それでもお金を工面できない時は、カードローンがあります。

この記事では、カードローンの利用を検討している学生に向けて、学生が利用できるおすすめのカードローンを紹介。さらに、メリット・デメリットもお伝えします。お金を借りる際の参考にしてください。

学生でもお金を借りられるカードローンの種類

お金を借りる方法として一般的なのはカードローンです。しかし、学生でカードローンが利用できるのか疑問に思うかもしれません。

実は、学生でも、20歳を超えていてアルバイトなどの定期収入があれば、カードローンが利用できます。

学生が利用できるカードローンの種類について、紹介しますので参考にしてください。

金利が低い銀行カードローン

カードローンのうち、銀行が運営しているカードローンのことを「銀行カードローン」と言います。銀行カードローンのメリットは、金利が安いこと。デメリットは、審査が厳しいことです。

収入が安定していることが条件になるので、銀行カードローンの中には、学生が申し込み対象外になっている商品もあります。

銀行カードローンでも、学生が申し込みできるものもあるので、アルバイトの収入が安定しているなら、検討してみると良いでしょう。

利用しやすい消費者金融カードローン

一般的にお金を借りる方法は、消費者金融のカードローンがおすすめです。消費者金融は、「お金を貸す」という業務に特化した業者。「親に知られたくない」などの多くの人が気になるポイントを押さえたサービスが展開されているので、初めてのキャッシングでも利用しやすいでしょう。スマホから申し込みができるのも便利なポイントです。

銀行カードローンと比較して、金利は高い傾向があります。しかし、初回利用時は無利息期間が設けられている商品もあるので、無利息になる条件などをチェックすると賢く活用できるでしょう。

消費者金融のカードローンは、アルバイトなどの収入があれば、学生も申し込みできるものが多いです。お金を借りたい時は、消費者金融カードローンを第一候補に検討してみてはいかがでしょうか。

学生に特化した学生カードローン

学生向けに特化した学生カードローンもあります。一見、学生にとって利用しやすそうですが、大手の消費者金融カードローンと比較して、使い勝手は落ちてしまいます。

例えば、大手の消費者金融カードローンは、webで申し込みができますが、学生カードローンの場合は対面での申し込みになることが多いです。借り入れや返済でも不便な点が多々あります。

また、よく知らない名前のカードローンが多いので、いわゆる闇金と区別がつかず、一般的な学生カードローンだと思って闇金で借金してしまったというトラブルにも繋がりかねません。

借り入れできる金額も少額になる傾向があります。

学生が多い街に店舗があるので、学生が利用するハードルが低いのはメリットと言えるでしょう。

消費者金融カードローンのメリット

学生がお金を借りる時は、消費者金融のカードローンが利用しやすくておすすめです。ここでは、消費者金融のカードローンを利用するメリットを紹介します。

即日お金を借りられる

お金を借りようとしているということは、急を要しているのかもしれませんね。そんな時は、申し込んでからどれくらいでお金を借りられるのかが気になるポイントになるでしょう。

すぐにお金を借りたいなら、消費者金融のカードローンを選びましょう。

銀行カードローンは、審査に最低でも24時間以上の時間がかかります。学生カードローンは会社によりますが、やはり時間がかかると考えておいた方が無難です。

消費者金融は、申し込み時間にもよりますが、即日で借り入れできる可能性があります。大手の消費者金融は、専門で営業しているだけあって、独自の審査システムが構築されているのが強み。審査は、他の借り入れ方法と比較して、とてもスピーディーです。

学校や親バレしづらい

カードローンを利用すると、「学校や親にバレるのでは?」と不安に感じるかもしれませんね。

まず、カードローンの利用が学校にバレることはありません。学校は勤務先ではないので、カードローン会社が連絡してくることはないでしょう。

問題は親バレです。親にバレる原因は、郵便物やローンカードが見られること。そこで、親バレ回避のためには、郵便物もカードもないカードローンをおすすめします。

郵便物なしにするためには、web完結で申し込みをして、利用明細もwebを利用してください。カードレスで利用する場合は、スマホアプリで利用します。

このような親バレ対策ができるカードローンは、大手消費者金融のカードローンです。

プロミス、アイフル、アコムなどが親バレなしで利用したい人におすすめです。

無利息期間が設けられている

大手消費者金融のカードローンには、無利息期間が設けられている商品があります。お金がすぐに必要な時は、金利のことまで考えられないかもしれませんが、借りた金額以上に払わなければいけないので、金利はバカになりません。

カードローンによって、無利息期間の起算日や日数は異なります。それぞれのカードローンについて無利息期間のルールをチェックしてみてください。

審査の流れ

金融業者からお金を借りる時は、申し込みのあと、必ず審査があります。審査なしで貸すなどと謳っている業者があれば、闇金なので、絶対に利用しないでください。闇金は、法外な高金利を要求し、返済できないと取り立てが怖いです。これから社会人になろうとしている学生が手を出すと、今後の人生を壊すことになりかねません。

では、審査はどんな流れで行われるのでしょうか。

まずは、申し込みで、必要事項の入力と本人確認書類の写真を提出します。収入の証明書類なども提出を求められるかもしれませんので、指示に従ってください。

申し込みが完了すると、機械的な一次審査を実施している会社が多いです。この時、信用情報機関に照会をかけ、「他の会社に申し込みをしているか」「他の会社で借り入れをしているか」「過去に延滞した履歴はないか」などをチェックします。その後、アルバイト先への電話連絡や人がチェックをする二次審査をおこない、融資の可否が決定するという流れです。

在籍確認なしの学生が利用できるカードローンってあるの?

カードローンは、審査の過程で、在籍確認が実施されます。方法は、職場への電話確認が一般的。学生の場合は、アルバイト先への電話連絡になります。

ただ、学生のアルバイトは、夜間の居酒屋など、電話連絡が取りづらい時間帯に営業していることも多いので、電話ではない方法で確認を実施していることもあります。

電話連絡が原則なので、アルバイト先に電話をして欲しくないなど不安があれば、申し込みをするカードローンの窓口に相談してみましょう。

学生がお金を借りる3つのデメリット

お金を借りているからというだけで、不利になることは基本的にはありません。例えば、就活に影響しないか不安かもしれませんが、借り入れがあることは就活先の会社にはバレませんので、安心してください。

しかし、借金である以上、やはりデメリットはあります。ここでは、金融業者からお金を借りるデメリットを紹介します。

金利がかかる

お金を親に借りるなら、きっと金利はかからないでしょう。しかし、金融業者からお金を借りる場合は、どの業者でも金利がかかります。つまり、借りた金額より多く返済しなければいけないということです。

借りた額や返済方法によっては、金利だけでも高額になる可能性もあります。なかなか返済が終わらないということにもなりかねません。お金を借りる時は、金利も含めて返済計画を立てるようにしましょう。

消費者金融カードローンには、無利息期間が設けられているものがあるので、そうしたカードローンを活用するのも賢い手段です。

延滞すると記録に残る

返済を滞納すると、督促を受けることになります。電話連絡が取れない状況になっていると、自宅に督促状が届き、親に借金がバレてしまうかもしれません。郵便物なしで利用するようにしていたとしても、督促状は止められないので、注意してください。

さらに、延滞を繰り返していると、信用情報に傷がつき、社会人になってから、スマホの割賦払いやクレジットカードを新しく作りたいときや住宅ローンを組みたいときなど、審査に通らない可能性も出てきます。

返済できないような借り入れはせず、確実に返済していけば問題ありません。

借入額によってはそれ以上借りられなくなる

借り入れできる金額は、年収の3分の1までと決まっています。すべての金融業者の合計額の上限なので、この上限額に達してしまうと、それ以上は新規で申し込みをしても審査に通りません。

学生のうちからカードローンで借り入れがあると、社会人になって借り入れできる額が減る可能性があります。

社会人になれば学生時代のアルバイトより収入が増えるので、自然と上限額も増えるでしょう。そこまで大きな影響はありませんが、借りすぎには注意してください。

多重申し込みに注意

お金を借りる時、気をつけたいのは、多重申し込みです。短期間にいくつもの金融業者に申し込みしないようにしてください。

急いでお金が必要な時は、審査に通るか不安で、つい複数の金融業者に申し込みをしてしまいがちです。しかし、複数の金融業者に申し込みをすると、いわゆる「申し込みブラック」という状態になり、かえって審査に通らなくなってしまいます。

短期間で複数申し込みをしている人は、お金に困窮している印象をもたれて、返済能力が疑われるのです。また、仮に複数の業者で審査に通ってしまうと、多重債務に陥ることが予想されます。

返済してもらえないリスクを回避するために、多重申し込みをしている人は審査に通さないという会社がほとんどです。

申し込み状況は、情報が集約されている信用情報機関で情報共有されています。「言わなきゃ分からない」ということはありませんので、注意してください。

アルバイトをしていない無職の学生は借りられない

ここまで、学生がカードローンで借り入れする方法について紹介してきましたが、大前提として、アルバイトしている学生を対象としています。

アルバイトをしていない無職の学生は、カードローンの利用ができません。

法律で自分の収入がない人への貸し付けが禁じられていることもありますが、仕事をしていなければ、借りても返済能力がないので、仮に法律上問題がなかったとしても貸してもらえません。

アルバイトをしていなくてお金が必要なら、まずはアルバイトを始めて、お金を工面しましょう。

未成年の学生はほとんどのカードローンが利用不可

20歳未満の未成年の場合、アルバイトをしていたとしても、銀行や消費者金融のカードローンは利用できません。ほとんどのカードローンは、年齢20歳からが対象になっています。

例外として、学生カードローンは、親権者の同意があれば未成年でも借り入れできるケースがあります。親に確認が入るので、内緒で借りることはできません。

学生におすすめのカードローン3選

ここでは、カードレスで利用できて、郵送物もなしにできる、学生におすすめのカードローンを3つ紹介します。

無利息期間が活用しやすい!プロミス

学生にイチオシ。メールアドレスの登録・web明細の利用をすれば、初回利用日から30日間が無利息になります。

他のカードローンの多くは、契約の翌日から30日で借り入れ日ベースではないので、契約してすぐに借り入れしないと、メリットを最大限活かせません。

プロミスは、契約して数日後に初めて借り入れをした場合でもその翌日が30日起算日になるので、いつでも最大限のメリットを享受できます。

申し込み、契約書の確認、借り入れ、明細の確認、返済など、全てが公式アプリでできます。もちろん、ATMの利用も可能です。

カードの発行なし、郵便物なしで利用できるので親にバレたくない人には、有力な選択肢のひとつになるでしょう。

公式サイトに、アルバイトなどの安定した収入があるなら学生も申し込み可能と記載があります。対象年齢は20歳から69歳。

webから申し込みをすれば、最短即日での借り入れもできます。

  • 初回の借り入れ日翌日から30日間無利息(初めての利用でメールアドレスを登録してweb明細利用する場合)
  • 金利:4.5~17.8%
  • 審査スピード:最短30分

審査スピードが速い!アイフル

アイフルもカードレス、郵便物なしで利用できるので親にバレたくない人におすすめです。

公式サイトに、満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力があれば申し込み可能と記載があるので、学生でも申し込みできます。

アイフルも最短即日での借り入れが可能です。

無利息期間は、契約日の翌日から起算スタートすることに注意してください。

  • 契約完了日の翌日から最大30日の利息0円
  • 金利:3.0~18%
  • 審査スピード:最短30分

無人契約機が多くて便利!アコム

アコムは、申し込み、借り入れ、返済など、インターネットでできます。ただし、カードレスにできないので、カードが自宅に届くと困る場合は、無人契約機に受け取りに行きましょう。カードの受け取りだけ回避すれば、web明細の利用で以後の郵便物はなしにできます。

無人契約機が多く、借り入れや返済時のATM利用手数料を節約しやすいのがメリット。

公式サイトに、20歳以上のアルバイトなどの安定した収入があれば学生でも申し込みできると記載されており、最短即日での借り入れが可能です。

  • 契約完了日の翌日から最大30日の利息0円
  • 金利:3.0~18%
  • 審査スピード:最短30分

学生がお金を借りるなら消費者金融カードローンがおすすめ

学生が親にバレずにお金を借りたいなら、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。web明細を利用してカードレスにすれば、郵送物が発生せず、カードを見られることもなく安心でしょう。

また、初めての利用時に無利息期間が設けてあるカードローンなら、金利を節約して賢くお金を借りられます。

しかし、お金を借りすぎたり、返済を滞納したりしてしまうと、将来に悪影響を及ぼしかねません。お金を借りる時は、しっかり返済計画を立ててください。無理なく返済できる範囲で利用しましょう。

関連記事
閉じる バレずに借りられる