【カードローン】派遣の在籍確認はあるの?注意したいポイント

派遣で働いている人は増えました。時給制でボーナスの支給もないため、生活はギリギリという人も少なくありません。生活費に困ったとき、お金を借りたいと思っても、「派遣だと貸してもらえないのでは?」「在籍確認は派遣先と派遣元のどっち?」「勤続年数はどう計算すれば良い?」など、色々な疑問が浮かぶことでしょう。

不安定に見える派遣ですが、継続して働いていれば、カードローンの審査では、そこまで大きな影響はありません。

この記事では、派遣がお金を借りるときに気になることについて、まとめました。

派遣でもお金は借りられる

派遣は、非正規雇用の働き方なので、お金を借りられないと思っている人も多いです。しかし、派遣でもお金は借りられます。

お金を借りる手段として一般的な方法は、カードローンです。カードローン会社では、それぞれに審査基準があります。その中のひとつとして重要な項目は、職業。

正社員や公務員が優遇される傾向はもちろんありますが、今は、非正規雇用で働く人が多いです。金融業者も正社員や公務員にこだわってはいられません。派遣だからといって審査に通らないということはないので、安心してください。

不利なのは、自営業やフリーランスです。一般的には、派遣で働いている人より自営業の人の方に収入が多いイメージがあるかもしれません。しかし、カードローン会社が重視しているのは、収入の多さではなく、安定性。自営業より派遣で働いている人の方が、収入は安定していると考えられています。

勤続年数は通算される

派遣だから審査に落ちるということはありませんが、お金を借りるには、継続的に安定した収入が得られる見込みが必要です。

そのため、派遣で働いている人がカードローンに申し込んだときは、勤続年数が重要なポイントになります。

派遣の場合、派遣先が変わるのはよくあること。そうすると、勤続年数は短くなり不利なのでは?と感じるかもしれません。

この取り扱いは、カードローン会社によって異なるのが現状ですが、ひとつの派遣会社から連続して派遣されているなら通算する会社が多いです。

派遣で働く人は、派遣先での就労が終了したとき、同じ派遣会社で次の仕事を探してもらいながら、他の派遣会社でも仕事を探すのではないでしょうか。他の派遣会社の方が早く仕事を見つけてくれたら、そちらに移動しますよね。そうすると、勤続年数は短くなるかもしれません。

残念ながら、多くのカードローンでは、短期の場合は返済できるか不安に思われて不利になりやすいでしょう。派遣でも1年以上は同じ派遣会社で働いていると優遇されやすいです。

アイフルのように短期契約でも審査してもらえるカードローン、プロミスのように1週間働いていれば審査してくれるカードローンなど、勤続年数が短くてもお金を貸してもらえる可能性があるカードローンもあります。

派遣の在籍確認の実態

派遣でカードローンの申し込みをしたときに、疑問として浮かぶのは、在籍確認はどうするのかではないでしょうか。

ここでは、派遣の在籍確認について、「確認を取るのは派遣先か派遣元か」「カードローンの申し込みだとバレない方法」「電話確認が難しいときの対処方法」をお伝えします。

在籍確認は派遣元におこなわれることが多い

お金を借りるときは、在籍の確認として、職場への電話確認が実施されます。派遣で働いていると、関わっている会社は、派遣元と派遣先の2社がありますよね。カードローンの在籍確認はどちらに電話がかかってくるのでしょうか。

派遣先で確認するか派遣元で確認するかは、カード会社によって異なります。

しかし、派遣先での電話確認は、電話に対応する社員が派遣社員のことを把握していないことも多く、在籍確認が上手くいかないことがあります。また、派遣先の会社に電話対応をお願いするのは迷惑がかかってしまうのではないかと気にする人もいるでしょう。

カードローンの在籍確認は、派遣元に電話がある旨を伝え、対応してもらうのがベストではないでしょうか。

カードローン会社にも派遣先は電話対応できないから派遣元で確認してほしいと相談してみましょう。派遣元が対応できない場合は、在籍証明の発行ができます。在籍証明書で対応してもらえないかカード会社に確認してみてください。

カードローンの申し込みだと気づかれたくないときの言い訳

派遣先でも派遣元でも、電話があることを伝えておくと、スムーズに確認が終了します。「クレジットカードの審査」と伝えるのがオススメ。在籍確認では、電話担当者の名前のみでかけてきます。会社名は名乗りませんので、クレジットカードかカードローンかの区別はつきません。

派遣社員宛に個人からの電話がかかってくると不自然に目立つ可能性があるので、先にクレジットカードだと伝えておくと、変に勘ぐられずに済みます。

電話での確認を回避する方法はあるか?

レアケースではありますが、カードローン会社によっては、電話での確認が難しい場合に、在籍証明書や所得証明、会社の健康保険証、給与明細などでの確認に切り替えてくれることがあります。

基本は電話なので難しいこともありますが、「自分宛に電話が入ると円滑に仕事ができなくなる」「日中は誰も電話にでない」など、電話連絡が困難な場合は相談してください。

電話連絡に関する相談のタイミングは、申し込み後すぐ。カードローンの審査は早いので、タイミングを逃すと先に電話がかけられてしまっているかもしれません。

年収が少なくても借りられる

派遣社員がカードローンの審査に不安な理由のひとつには、収入が少ないことがあるかもしれません。ボーナスもない時給での働き方は、正社員や公務員と比較して、年収は少ない傾向があります。審査に通るのか不安になるのも無理はありません。

しかし、カードローン会社が重視しているのは、安定した収入があるかどうか。年収が少ないからといって、審査に落ちることはありません。

収入に合わせて借り入れの上限額は決まるので、上限額が少額にはなるかもしれませんが、無理なく返済できる範囲で、融資はしてもらえる可能性がありますので、安心してください。

最初は、10万円程度の上限額で設定される可能性が高いです。

総量規制といって、年収の3分の1までしか融資できないルールがあります。それを超える額は貸付できません。他の金融業者の貸付額の合計が年収の3分の1を超えてはいけないのが総量規制です。1社で年収の3分の1まで上限額が付与されることはまずありませんが、複数のカードローンを持っているなら、総量規制にひっかかって審査に通らないことはあります。年収が少ないと、総量規制にひっかかる額も低いので、注意してください。

年収は、融資してもらえる額に影響しますが、融資の可否への影響は少ないと考えて良いでしょう。

紹介予定派遣は有利

派遣の中に、紹介予定派遣という仕組みがあります。数ヶ月派遣として勤務した後、派遣先の企業で直接雇用に移行する契約です。

紹介予定派遣は、スタートは派遣ですが、その後は直接雇用で仕事先が変化することなく安定します。直接雇用になっても正社員とは限りませんが、たとえ非正規だとしても、就労先に変化がある派遣より、就労先が同じ場所に長く勤務することが想定される直接雇用の方が、安定しているという印象を持たれるでしょう。

しかし、残念ながら、カードローンを申し込む際に、紹介予定派遣だと申告する欄はありません。もし、派遣先での内定を証明できる書類があれば、それを提示すると良いでしょう。提出できるような書類がないのであれば、申し込み後に、カードローンの問い合わせ先に電話をして、紹介予定派遣だと伝えるのもひとつの手です。

紹介予定派遣の場合は、在籍確認を派遣先でおこなう可能性があります。実際どちらでおこなうかはカードローン会社によるので、在籍確認が不安な場合は、先に問い合わせておくと安心です。

一般の派遣でも特別不利になることはないので、わざわざ申告しなくても良いのですが、何か不安な点がある場合は、紹介予定派遣だと伝えることで審査結果が変わるかもしれません。

常用型派遣は優遇される

紹介予定の他にも、常用型派遣という派遣のスタイルがあります。常用型派遣は、派遣元での無期雇用契約を結んでいる派遣です。そのため、「派遣」とは言いますが、実質は「出向」。

派遣では、派遣先企業への派遣が終了すると、一旦契約が切れて、次の派遣先が決まるまでは無収入になります。しかし、常用型派遣の場合は、派遣会社と期限の定めがない雇用契約を結んでいるので、派遣先が終了しても派遣元から給与が支払われます。無収入期間が発生しません。

そのため、カードローンの審査において、常用型派遣は、正社員と同等に扱われます。

派遣会社によっては、常用型派遣にはボーナスが支給されたり、昇給があったりすることも。一般的な派遣と比較すると常用型派遣の場合は、返済能力も高いと判断されやすいです。

常用型派遣の場合、派遣として申請するか正社員として申請するか、申し込み前にカードローン会社に確認してください。

銀行カードローンは派遣にはハードルが高い

カードローンには、消費者金融のカードローンと銀行カードローンがあります。派遣が審査上大きく不利に働かないのは、消費者金融のカードローンです。銀行は、お堅い印象を持つ人も多いでしょうが、そのイメージ通り、公務員や正社員を好みます。派遣社員だと絶対に融資してもらえないということではありませんが、非正規に対して厳しい点は否めません。

カードローンの審査は、申し込み情報が各カードローン会社で共有されます。どこかで審査に落ちてしまうと、その情報も共有されることに。審査に落ちた結果につられて、他のカードローンでも落ちやすくなると言われています。他で落ちた人なら、貸すのは危険かもしれないと判断されてしまうのです。

そのため、一度審査に落ちると、その結果が記録から削除されるまで、約6ヶ月間、他のカードローンにも申し込めなくなってしまいます。申し込んで落ちるのを繰り返すより、じっと待つ方が早いからです。

カードローンの申し込みをしたいときは、すぐにお金が必要な状況ではないでしょうか。

派遣の場合、今すぐにお金を工面したい状況で銀行カードローンに申し込むのは、あまりおすすめできません。

消費者金融カードローンのメリット

派遣で働いている人には、銀行ではなく消費者金融カードローンがオススメ。その理由は、大きく2つあります。銀行のように派遣に対して厳しくないことと、無利息期間があることです。

ここでは、消費者金融カードローンのメリットを詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

派遣でも融資可能

これまでにお伝えした通り、消費者金融のカードローンは派遣でも特に問題なく審査してもらえます。むしろ、融資には積極的なので、派遣だからといって雑に対応されることはありません。気持ち良く審査を受けられるでしょう。

無利息期間がある

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンと比較して、金利が若干高めのところが多いです。しかし、消費者金融のカードローンには、無利息期間が用意されていることがあります。

たとえば、プロミスは、最初の借り入れ日の翌日から30日間無利息です。

メールアドレスの登録とweb明細の利用が条件ですが、特に面倒なこともなく、自宅に郵便物が届かなくなるので積極的に活用したいです。

アイフルやアコムでも、契約日の翌日から30日無利息期間が設けられています。

契約日に即借り入れするのでなければ、借り入れ日起算で最大限無利息期間を活用できることから、プロミスがオススメです。

無利息期間を考慮すると、銀行カードローンと比べても金利が高いことはありません。無利息期間中に返済してしまえば、利息の支払いが不要です。

消費者金融は、法律に則って運営されているので、法外な金利をつけられたり怖い督促をうけたりすることはありません。上手く活用すれば、強い味方になってくれるでしょう。

派遣登録だけでは借りられない

派遣は、登録制です。登録後、派遣先を紹介されて就労するとお金も借りられますが、登録だけして働いていない状態では、お金を借りられません。無職と同じ扱いになります。

登録した派遣会社から仕事を紹介してもらえないようなら、他の派遣会社に登録するのも手ですが、派遣登録から就労開始までは少し時間がかかるでしょう。そのため、すぐに働き始められるアルバイトを見つけた方が早いかもしれません。

給与前払いが利用できないか確認しよう

派遣でカードローンを利用できるのかという点を中心にお伝えしてきましたが、カードローンの利用の前に、確認してほしいことがあります。給与前払いが利用できないかということです。

派遣会社には、給料日が月に2回あったり、前払い制度があったりします。前払いは、働いた分の何割かを給料日より前に受け取れるというものです。自分がすでに働いて受け取る権利がある報酬なので、もちろん借金ではありません。あまり利用しすぎると生活が壊れるので良くありませんが、一度制度を確認してみてください。

派遣でもカードローンは申し込みできる!無利息期間を有効に使おう!

派遣でもカードローンの申し込みは可能です。消費者金融カードローンなら、派遣だからという理由だけで審査に落ちることはありません。

銀行カードローンより、消費者金融カードローンの方が、派遣社員はお金を貸してもらえる可能性が高いでしょう。

消費者金融カードローンは、無利息期間が設けられているものがあるので、有効に活用して、利息を抑えたいです。

前払いなど利用できる制度は確認してから、カードローンを利用するか決めることをおすすめします。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる