未成年でもお金を借りることができるカードローン以外の方法とは?

2022年4月1日からは成人に達する年齢が現行の20歳から18歳に引き下げられるのは、みなさんご存じの通り。

2021年の現時点で20歳未満は、プロミスなど消費者金融でカードローンをつくることができません。2022年4月からは「政府広報オンライン」によると「成人に達する18歳以上であれば、親の同意がなくとも自分の意思でさまざまな契約ができるようになる」とありますから、住む部屋を借りたり、クレジットカードをつくったりすること同様、消費者金融のカードローンを申込むことも法律上可能となります。

しかし、いま現在の18歳、19歳は消費者金融を利用することはできません。「カードローン申込みは、あと数ヶ月待て」といわれても金欠状態というのはそんなに悠長には待ってくれるものではありませんよね…!

成人に達しない18歳、19歳がお金を借りる方法を知りたい

2022年4月から、成人年齢に達する18歳以上は、カードローンに申し込むことが法律上可能になる、というおはなしをしましたが、実はいま現在も未成年がお金を借りること自体は法律上、禁止されてはいないんです。

なぜならば、未成年にローンなどの契約を禁じることは、年齢、学生という社会的立場により、差別されているということになるので、むしろ日本国憲法に抵触してしまうのです。

未成年のローン借入は、法律で禁じられているわけではなく、民法で制限されているという言い方が正しいのです。そして、その民法でも、「(両親など)親権者の同意が得られれば、ローン契約は可能」とされています。

プロミスでは親の同意があっても未成年はカードローン利用できない

では、親の同意があれば、必ずしも消費者金融カードローンが申し込めるかというと実はそうではありません。即日融資が可能で30日間の無利子期間ももうけているプロミスは、大手消費者金融の中でもとくにオススメです。

しかし、プロミスでは、たとえ親の同意があったとしても、20歳未満の未成年への貸付を行っていないのです。

プロミスの借入申込みの条件を見てみると、「年齢20歳から69歳の安定した収入のある方」となっています。主婦や学生はパート・アルバイトなどで安定した収入があり、審査に通れば借入可能と記載されています。ここでいう学生とは、20歳以上の学生を指しています。大学生、専門学生であっても20歳の誕生日を迎える前の人は申し込めません。

プロミス以外の消費者金融でも未成年による申込みは不可

プロミス以外の消費者金融だったら、未成年の申込みも可能かどうかについて調べてみました。カードローンを扱っている次の4つの消費者金融です。

  • アイフル
  • アコム
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

調査結果は以下の通り。プロミスを含む5社の申込み可能年齢を表にまとめてみました。

会社名 申込み可能年齢
アイフル 20歳〜69歳
アコム 20歳〜69歳
SMBCモビット 20歳〜69歳
レイクALSA 20歳〜69歳
プロミス 20歳〜69歳

結果は消費者金融5社のカードローン借入申込み年齢の条件はどこも変わりませんでした。消費者金融ではたとえ親の同意が得られたところで20歳未満の未成年は借入できないということがわかりました。

親の同意があっても未成年が消費者金融で借入できないのはなぜ?

法律に違反するわけではないのに、親の同意があっても未成年が消費者金融でお金を借りられないのは理由があります。これには、「未成年者契約の取り消し」という法律が関係しているようです。

「未成年者契約の取り消し」は、「未成年が保護者(法定代理人)の同意なしにお金を借りた場合、契約を取り消すというもの。簡単にいうと「貸付がなかったことになる」、つまり貸したお金が返済されないということ。契約したときまで遡って貸付がすべて無効になるといいます。

また、両親ともに健在な未成年者の契約の場合、両親の同意を得ていることが契約可能な条件となっていて、どちらか片方の同意しか得られなかった場合の契約も無効にすることが可能なのだそうです。

貸したお金が返ってこない、返済がすべて無効になるというのは、消費者金融や銀行など融資を行う金融機関にとって非常にリスキーなことです。この法律を逆手にとって「返済を無効にしてしまおう」などと考える輩がでてこないとも限りません。

法律では禁じられていないはずの未成年への貸し出しが積極的に行われていない背景には、このような「未成年者契約の取り消し」の民法の存在が関係していたのです。

親の同意があっても未成年はお金を借りることができないのか?

「年齢や社会的立場によって差別されることがあってはならない」という日本国憲法の定めにより、法律上、「未成年がお金を借りられない」ということはなく、民法では「親権者の同意が得られればローン契約は可能」ということになっていますが、実際には、未成年の返済を無効にする「未成年者契約の取り消し」という法律があるために、未成年への貸付は積極的には行われていないということがわかりました。

しかし、未成年への貸付はまったく行われていないというわけではありません。かなり限定されますが、未成年の借入は可能です。代表的なものが、学生専用ローンです。そして、未成年でも働いていれば「ろうきん」でお金を借りることができます。

親に内緒でお金を借りたい!未成年の願いを叶えるキャッシングは?

未成年がお金を借りる方法として、学生専用ローンのご案内をしました。そのほかにも「ろうきん」なら、親の承諾が得られる18歳以上に貸付を行っているようです。

未成年でもお金が借りられる2つの方法について、これから詳しくみていくことにしましょう。

高校を卒業した18歳以上の学生を対象とした学生専用ローン

学生ローンは、高校を卒業し、専門学校、短期大学、四年制大学に進学した学生を対象としたローンです。18歳の誕生日を迎えていても高校に在学中の場合は利用できませんのでご注意を。

学生ローン専門業者には以下のようなものがあります。

  • 学灯社
  • 学協
  • マルイ
  • キャンパス
  • アミーゴ
  • 有林堂
  • イー・キャンパス
  • ニチデン
  • フレンド田(デン)
  • カレッヂ

このうち、ホームページ上で18歳、19歳の申込みが可能となっているのは、フレンド田(デン)とカレッヂの2社のみ。未成年が借りられるローンは本当に少ないのが現状なのです。

注意!カレッヂでは未成年の借入金額が制限されている

フレンド田(デン)は学生街・高田馬場で1976年にスタート。学生ローンの老舗です。「友だちを紹介すると紹介料をもらえる」という学生ローンらしいサービスもあります。未成年でも満18歳から、「即日融資」にも対応するというありがたい学生ローンです。

カレッヂも高田の馬場にある学生ローン。こちらはフレンド田(デン)の1年後、1977年にスタートしたやはり老舗の学生ローン。

学生ローンの利用者には「親バレ、家族バレしたくない」と考える人もけっして少なくないと思いますが、残念ながら未成年の利用の場合は保護者の承諾が必要です。

2社の金利、借入限度額については以下をご参照ください。

会社名 金利 限度額
フレンド田(デン) 15.0〜17.0% 1,000円〜50万円
カレッヂ 15.0〜17.0% 1万円〜50万円

フレンド田(デン)は、18歳、19歳でも50万円まで借りることができますが、カレッヂの方は未成年の借入は10万円まで、と制限されていますのでご注意ください。

2社の学生ローンのさらに詳しい情報については、それぞれのホームページをご確認ください。

「ろうきん」なら条件付きで未成年へのローン貸付が可能

学生ローンが学生を対象にしたローンなら、「ろうきん」のローンは学生以外の働く人(労働者)を対象にしたローン。満18歳以上の労働者なら「ろうきん」のローン申込みが可能です。

「ろうきん」の正式名称は「一般社団法人全国労働金庫協会」といい、労働者のための金融機関として70年前に発足。運営するのも労働者で営利目的の金融機関とは一線を画しますが、「預金・ローン・資産運用」の3種類のサービスを柱にしており、業務内容は銀行とほとんど一緒です。

ただし、「ろうきん」の事業は労働者のサポート事業の一環であり、営利目的でないため、多少アナログな部分もあることが否めません。ローン申込み自体はオンラインでも可能なのですが、WEB完結とまではいかず、ローン契約に至るまでには最低でもお住まいの地域の「ろうきん」に足を運ばなくてはなりません。「ろうきん」で借り入れする際には来店が必要だということを頭に入れて申し込んでくださいね。

ろうきんの金利、借入限度額は以下の通りです。

区分 金利 限度額
団体会員 3.875〜7.075% 500万円
生協会員・家族 4.055〜7.255% 500万円
一般労働者 5.275〜8.475% 500万円

金利については、「団体会員の構成員」「生協会員とその家族」「一般労働者」で異なります。そちらにもご注意ください。団体会員とは、非営利組織などで働く人を指します。準公務員と呼ばれることもあります。しかし、いずれにしても消費者金融より金利は総じて低めです。さすが労働者の味方!

お借り入れ希望の際はお住まいの地域のろうきんにアクセスしてみてくださいね。

成人年齢に達せば、お金を借りられる金融機関は一気に増える!

未成年でもお金を借りられるローンについてお伝えしてきました。クレジットカードは未成年でも発行することができるのですが、お金を借りられるキャッシング機能に関しては、未成年は使用不可となっており、未成年がお金を借りる手段とはなりません。

未成年でも高校卒業した満18歳以上の学生なら、フレンド田(デン)、カレッヂという学生ローン、仕事に従事している満18歳以上なら、ろうきんで、それぞれお金が借りられることも分かりました。

しかし、親にバレたくないキャッシングとなると未成年では申し込みに親の許可が必要なため、難しいことが分かりました。

20歳の誕生日を迎えれば、プロミスなど大手消費者金融で堂々とお金を借りることができます。プロミスで契約すれば、次のようなメリットも!

  • 初回利用時の金利が安い
  • 無利息期間あり
  • 審査が早い
  • 来店不要
  • 親バレ対策

そう!プロミスでは保護者に借入がバレないように個別で相談にのってくれるというありがたいサービスがあるんです。これは覚えておきたいですね。

プロミスの金利、借入限度額は以下となっています。ぜひ参考にしてみてください。

条件 詳細
金利 4.5〜17.8%
借入限度額 500万円
関連記事
閉じる
バレずに借りられる