カードローンを無職でも利用するには?対策を伝授!

タイミングによっては無職になってしまう期間もあるでしょう。かといって生活費は必要ですし、手元のお金が心もとなくなったらどこからか借りたいと思うものです。

お金を借りるとなるとカードローンが手軽です。しかしカードローンは無職でも借りられるのでしょうか?審査でどのような扱いになるのか気になります。

無職でも申し込めるカードローンは?どうしてもお金に困ったらどうすればいい?そんな不安を解消していきましょう。

無職でも申し込めるカードローンは基本的に「ありません」

無職が続けばどうしてもお金のことが不安になるタイミングもあるでしょう。生活費が捻出できなくなってしまう前に新しい仕事に就きたいものですが、なかなかうまくいかないこともあります。

そうなるとカードローンで借入を…と思うものですが、結論から言ってしまうと、無職で申し込めるカードローンはまず存在しないと考えてください。

カードローンをはじめ、融資商品に申し込む際には必ず審査があります。この審査では返済能力が重要視されるのですが、無職は基本的に「返済能力がない」と判断されます。よほどの財産や不労所得があれば別としても、一般的な無職の人はほぼ確実に審査に落ちてしまうでしょう。

これは仕方のないことなのです。カードローンをリリースしている消費者金融や銀行、カード会社は、融資したお金(貸したお金)に利息をつけて返済してもらうことによって利益を上げています。無職で無収入の人がどんなに「絶対に返すから貸して下さい!」と言っても、さすがにOKすることはできません。

「無職の人はまず職を探す」、これに尽きます。もちろん状況によっては働くことが困難な人もいるでしょう。そのような場合には、カードローンのような金融商品よりも、自治体の支援制度を使うことをおすすめします。

無職と言えば専業主婦も…場合によっては借りられることが

「収入がない」という条件で判断するのなら、専業主婦(主夫)も無職の扱いになります。実際、専業主婦として申し込みをすると、消費者金融ではかなりの高確率で審査に落ちます。

専業主婦がお金を借りる手段の1つとして、配偶者貸付制度を使うことが許されているのですが、消費者金融では専業主婦に対して積極的な貸し出しをしていません。申し込み条件におおむね「定期的に安定した収入がある人」という条件を記載しています。専業主婦は収入がないため、申込資格に該当しないことになります。

ただ、中には「配偶者貸付制度が使えるのなら専業主婦でも申し込み可能」としているカードローン商品もあります。商品数が少ないのが現実ですが、どうしても自分の名義でお金を借りたいと思う専業主婦の人は、申し込みを考えてみると良いでしょう。

とはいえ、配偶者貸付制度を利用するのであれば、配偶者の同意が必ず必要です。もしも「旦那に内緒で借りたい」と思っているのなら、ほかの方法を探すべきでしょう。

なお、専業主婦でもクレジットカードのキャッシング枠があれば、クレジットカード会社の規定にのっとった借入が可能です。返済計画をしっかり立ててから、必要な分だけ借入をしましょう。

これから無職になる予定の人は借りられる可能性が

これから無職になる、つまり退職を視野に入れている人は、結論から言ってしまえば「借りられる可能性が高い」ということになります。というのも、現状で「定期的に安定した収入がある状態」だからです。審査の条件を満たしているわけです。

ただ、その状態で新しいカードローンに申し込み、借入をするのはあまり良いことではありません。これから無職になるということは収入が絶たれ、返済金が用意できなくなってしまう可能性が否定できないためです。

「借りたお金が返せない」という事実は、思った以上にストレスになります。健康的なメンタルで次の仕事を探すためにも、無職になる予定になる人は、できれば新規で借入をしないほうが良いでしょう。

また、カードローン会社に対してもあまり誠実な態度とはいえません。背に腹はかえられないといっても、返せない可能性が高いと分かっていながら借りようとするのはやめておきましょう。

本当に困ってる!カードローン以外で借りる方法

無職の人はカードローンを使えない、使わないほうが良いということは分かっても、現実は厳しいですよね。どうしてもお金が必要な時はあるはずです。特に生計費や医療費に困るようなことになってしまうと、最低限の生活もままなりません。

  • 自治体の支援制度を使う
  • 生命保険の貸付制度を使う

完全に無一文になってしまう前に、このような制度の利用を検討しましょう。一部を除き、いずれも返済するタイプの貸付です。しかし金利が非常に低いことや必要な分のみの貸付になるという点が、苦しい状況の人が必要以上に返済を気にしなくても良いというメリットがあります。

自治体の貸付制度を申請する

日本の各自治体には、苦しい状況にある人を支援する制度が必ず用意されています。最近のカードローンのように簡単な手続きで申し込めるわけではありませんが、多少の苦労で低金利の貸付が可能になることを考えて乗り越えましょう。

【生活福祉資金貸付制度】

所得が低い・障がいや高齢が理由で生活が困難な状況にある人が受けられる制度です。生活保護とは異なり、財産を手放さずに利用が可能です。新しい仕事が見つかるまでの生活資金を借りることもできます。

借りたお金の使い道は「生活費・福祉費・教育費・家賃」といった項目に限定されます。遊興費や借金の返済には使えません。

生活福祉資金貸付制度の金利は非常に低く、わずか1.5%です。さらに保証人がいれば無利子にもなります。生活の立て直しを試みる人にとって心強い金利です。生活保護を受けるほどではない、でも目の前の生活費が苦しい…という人は、早めに自治体の窓口で相談してみてくださいね。

【生命保険の貸付制度】

満期返戻金や解約返戻金が出るタイプの生命保険に入っているのであれば、それを担保に生命保険会社からお金を借りることができます。掛け捨てタイプはこの制度が利用できないため注意しましょう。

生命保険の貸付制度で借りるメリットは以下になります。

  • 金利が低い
  • 審査がない
  • 使途を問われない
  • 保険を解約しなくても借りられる
  • (保険会社の規約によっては)返済を先延ばしにできる
生命保険の貸付制度は金利が低く、多くの場合は3%程度です。もっと低いこともあります。審査がないことも嬉しいメリットで、契約者本人であれば申し込み=借入が実現します。

使途が問われないのも人によってはメリットです。生活福祉資金貸付制度で借りたお金よりも幅広い使い方が可能です。

保険を解約しなくても良いこと、保険会社の規約によってはすぐに返済をしなくても良いことなど、現状で生活が苦しいという人なら必ず役に立つ制度でしょう。

生活福祉資金貸付制度、生命保険の貸付制度を使えば苦境を乗り切れることも多いはずです。仕事に就くまでの辛抱だと思って、就職活動を頑張って下さいね。

絶対借りない!苦しくなっても闇金だけは手を出さないで

支援制度や生命保険の貸付制度に利用は、少し勇気がいるかもしれません。手続きが面倒に思えるのもネックですよね。ただ、その少しの手間がお金のリスクを減らしてくれるのです。

お金に困った時、つい甘い言葉に誘惑されそうになります。闇金の広告が目に入ってしまいやすくなるかもしれません。電話1本で即日貸します、審査なし!など、どう考えても怪しい闇金は残念ながら後を絶ちません。

闇金に関わったところでろくな結果は待っていません。法定金利を無視した金利で利息が膨れ上がり、大げさでなく破滅が近付くだけです。

「仕事が見つかればすぐに返せる」「無職で貸してくれるところがない」、そんなことはありません。先にご紹介した生活福祉資金貸付制度や保険の貸付制度が活用できます。闇金にだけは絶対に手を出さないで下さいね。必ずあなたを助ける制度があります。

仕事はしてる、でも厳しい…借りるならハイスペックのプロミスで

無事に仕事が見つかっても、最初の給料日までは相変わらず厳しい状況が続きますよね。また、仕事が安定するまではどうしてもそれなりの出費が必要になるのもよくあることです。

仕事はしていても生活の立て直しができるまで手持ちのお金だけではちょっと…という場合には、無利息期間のあるカードローンを上手に利用しましょう。

カードローンには多くの種類がありますが、無利息期間のあるカードローンはとても便利です。一定の期間を無利息で借りられるため、その期間内に返済すれば元金だけで済むということになります。

また、最近のカードローンは顧客の立場に立った接客やサービスが一般的になっています。ブランドによっては借入や返済についてじっくり相談できることも珍しくありません。

カードローンのブランドの中でも、顧客にとってメリットが多い商品を提供して人気を集めているのがプロミスです。プロミスは大手消費者金融会社がリリースしているブランドの中でも優れたスペックを誇っています。

プロミスが人気を集める理由は使いやすさとお得さの両立性

プロミスは無利息期間を設けており、お得に使うことができます。無利息期間は他の大手消費者金融のカードローンブランドでも見かけられますが、プロミスは他の面でも顧客が満足できるスペックを持っているため、高い評価と人気を得ています。

  • 無利息期間が30日
  • 初回利用時は金利が他社より低い
  • 来店不要で申し込み可能
  • 審査が早い
  • プライバシー厳守

初めて申し込みをする人なら、無利息期間が30日間設けられる「30日間無利息サービス」が利用できます。同時に初回のみですが、金利が他社より低く設定されるため、かなりお得に借入することができます。借りてから30日以内に返済すれば、利息を1円も払わなくて済むという大きなメリットも見逃せません。

パソコンやスマートフォンから申し込みができるため、プロミスの店舗へ行かなくても申し込みができます。借入・返済は振込や銀行・コンビニにある提携ATMから可能です。生活圏内にプロミスの店舗がなくても便利に使うことができます。

プロミスはプライバシーについても力を入れています。カードローンの申し込みを家族や知人、職場に知られたくない!という人もいるでしょう。カードローンは悪いことではないのですが、お金の問題はデリケートです。秘密にしておきたいという人がいてもおかしくありません。

プロミスはそのような人のために、周囲に知られない方法を考えてくれます。一人一人、個人の事情の相談に乗ってくれますので、かなりきめ細かい対応が期待できるでしょう。

返済が不安…そんな時にも相談できるプロミス

「毎回遅れずに返済できるかな」「もし遅れそうになったらどうしよう」「今の返済額だと厳しいな」…そんな悩みが出てきても、プロミスなら対応可能です。

仕事に就いて収入が安定し、返済能力がしっかりしていても、返済日をうっかり忘れてしまいそうになるかもしれません。返済日を過ぎると延滞利息が発生したり、信用情報に傷がついてしまうかもしれませんので、毎回きちんと返済することが望ましいです。

プロミスでは「ご返済お知らせメール」のサービスを無料で提供しています。返済日が近くなるとメールで連絡してくれるシステムです。メールが来る日や時間帯を自分で決められるため、返済日を意識しやすくなるでしょう。

また、毎回の返済額が厳しいと感じたらプロミスに相談してください。無理に今の返済額で返済を続けるのではなく、事情に合わせた返済プランを提案してくれます。

返済が厳しいと感じる時には収入と返済のバランスが崩れている可能性があります。返済に強いストレスを感じる原因になり、生活の質を下げてしまうことがありますので、早めに相談して解決を試みましょう。

無職のままでは難しい!収入の道を確保しよう

カードローンの申し込みは安定した収入があることが大前提です。無職で審査を通ることはまずありません。専業主婦は配偶者貸付制度が使えますが、他の立場の人は不可能です。できるだけ早く仕事を見つけるのが最善策です。

仕事を探している間、どうしても生活が厳しいのであれば、生活福祉資金貸付制度や生命保険の貸付制度を使って乗り切りましょう。低金利で返済にも融通が利く制度で、「生活保護を受けるほどではないが生活が厳しい低収入」という状態の人を助けてくれます。

仕事に就いたもののまだお金関係が厳しい…という時には、プロミスをはじめ、無利息期間や手厚いカスタマーサービスがあるカードローンを利用してみるのもおすすめです。

無職の状態では大変なことが色々ありますが、お金周りのことは何かと支援制度が整っているものです。使えるものは何でも使い、苦境を乗り切っていきましょう。

※記載の情報は2021年6月11日現在のものです。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる