専業主婦からもっとも多く申し込まれているカードローンを知りたい!

老若男女、どんな人にもピンチは訪れます。その中で「金欠」というピンチは、おそらくごく限られた一握りの人々を除いて、人生のうち何度か訪れる危機的状況なのではないでしょうか。

専業主婦(主夫)の人でもお金を借りたいことはあると思います。しかし、金融機関のカードローンの利用は、借入申込み者本人に収入があることが条件です。自身が働いていない、無職の専業主婦はカードローンに申込むことができないのです。

ただし、「配偶者貸付」をつかえば、専業主婦でもカードローンを申し込むことが可能になります。配偶者貸付とはどんな制度なのか、配偶者貸付を利用して借りられるカードローンはどのようなものがあるのか、調べてみることにしましょう。

収入のない専業主婦(主夫)が借りられる厳選ローン5社

消費者金融カードローンは、申込者本人に収入があることが借入の条件です。なぜかというと、消費者金融など貸金業者が遵守すべき法律「貸金業法」において「年収の三分の一を越える金額を貸付してはならない」と定められているからです。これを「総量規制」と言います。

この総量規制に則れば、働いていない主婦(主夫)の年収はゼロ。ゼロの三分の一もやっぱりッゼロ。だから、専業主婦(主夫)は消費者金融で借入できないという理屈になります。

無職の専業主婦(主夫)がお金を借りる方法「配偶者貸付制度」とは?

収入がなくてもお金が必要になる状況はいくらでもあり得ると思います。むしろ、自身に収入がないから、お金が必要となるのだとも考えられます。

そこで、無職の専業主婦(主夫)でも消費者金融でお金を借りられる唯一の手段というべき、「配偶者貸付制度」についてご説明いたいと思います。

配偶者貸付制度とは、申込者の専業主婦(主夫)に収入がなくても、婚姻関係があり、住居を共にする配偶者(夫ないし妻)に収入があれば、お金が借りられるというシステムのことです。その場合、総量規制の適用される年収とは、すなわち配偶者の年収ということになります。

配偶者貸付制度を利用するとき、注意すべき3つのポイント

収入のない主婦(主夫)でもカードローンに申込みでき、配偶者の年収次第では審査に通る可能性が高くなる配偶者貸付制度。とてもありがたいシステムですが、この制度をつかって消費者金融カードローンに申し込む際、気を付けなければならない点が3つあります。それは、

  • 契約は本人名義
  • 配偶者の同意が必須
  • 事実婚、同棲カップル不可

ということです。

契約者が申込者である専業主婦(主夫)であることは「当たり前でしょ」と考えるかもしれません。しかし、これは「返済義務は配偶者でなく本人にある」ということなのです。万が一、返済遅延や返済不可となった場合、訴訟やペナルティの対象となるのは、申込者自身ということ。

また、申込みには配偶者の同意が必須です。「夫(ないし妻)に内緒でお金を借りたい」と思っていても、了承をもらえないことには、消費者禁輸カードローンに申込むことができません。配偶者の収入を基準にしてお金を借りるのですから、当たり前といえば当たり前のことですが。

そして、最後に。市区町村に婚姻の届け出を出していない、事実婚や同棲カップルの場合は、この配偶者貸付制度が利用できません。申込みの際はこの3点に気をつけてくださいね。

配偶者貸付制度を利用する際に用意するべき3つの必要書類とは?

配偶者貸付制度を利用して、消費者金融カードローンを申し込む際、必要となる書類は以下の3つです。

  • 婚姻証明書
  • 配偶者の同意書
  • 配偶者の収入を証明できる書類

婚姻証明書は住民票の写しで大丈夫です。収入を証明できる書類には、もし、本人の収入があるようなら合わせて提出します。働いていなくても、地域ボランティアなどで委員を引き受けている場合など、定期的に謝礼が振り込まれてくるケースもあります。そうしたものも収入扱いとなります。

消費者金融カードローンを申し込む際、審査の一環で自宅に「確認電話」というものがかかってきます。これは、記載の住所に本当に居住実績しているか、申込者は名義上の本人なのかを調査するためのもので、配偶者貸付制度を利用しているからといって、配偶者の勤務先に電話がかかってくることはありません。

配偶者貸付制度をつかって申込みできるローン5社

年収ゼロの無職でも配偶者の年収でお金が借りられる配偶者貸付制度についてお伝えしていきました。この配偶者貸付制度を利用してお金が借りられるローンとして、オススメなのが次の5社です。

  • イオン銀行
  • 楽天銀行カードローン
  • PayPay銀行
  • 新生銀行スマートカードローンプラス
  • ベルーナノーティス

配偶者貸付制度を利用して借入できるオススメローンは、ネット銀行4社、信販系ローンのベルーナノーティスです。

インターネット銀行、通販会社ローンの特色とは?

金融業者として新規参入のネット銀行は総じて専業主婦(主夫)の貸付に対して意欲的だと言われています。借入の際の金利が低いことも魅力となって、インターネット銀行の人気を底上げしています。

「インターネット銀行は情報流出がありそうでこわい」というような声は、とくに年配の主婦層からよく聞きます。しかし、昨今では、大手都市銀行のカードローンも「来店不要・WEB完結」で申込みから契約までオンライン上で行うことが主流となっています。都市銀行もネット銀行もカードローン申込みのアプローチはほとんど一緒なのです。金利がお得なネット銀行のローンを今、利用しない手はないかもしれませんよ?

そして、今回、とくにオススメしたいローンが、信販系「ベルーナノーティス」。ベルーナは豊富な品揃えで、若い女性から年配女性にまで支持されている通販会社です。

生活雑貨や健康グッズ、ワインなどの取り扱いもあるので、幅広く老若男女をターゲットにした通販女性ではあるのですが、やはり女性の利用が圧倒的に多いようですね。ベルーナノーティスは女性に優しいレディースローンとしての特色も備え、インターネット通販を頻繁に利用する人にとってはとくに使いやすい仕様となっています。

専業主婦が借りられるネット銀行、通販系ローン5社を徹底調査!

まずは、専業主婦(主夫)が配偶者貸付制度を利用して借入申込みできるインターネット銀行4社のローンから詳しくお伝えしていきたいと思います。

大型スーパーイオンのグループ銀行だから主婦目線が行き届く

最初にご紹介するイオン銀行は、言わずと知れた大型スーパー「イオン」のイオングループが設立したインターネット銀行。家事・育児を担う主夫の存在も昔ほど珍しくなくなってきた昨今ですが、まだまだスーパーで買い物する担当は女性を中心とした主婦層が多いことから、女性目線を大切にしたローンとなっています。

イオンのお買い物ついでに自社銀行のATMを利用し、気軽に借入・返済できるのもありがたいですね。

イオン銀行の口座を持っていなくても、利用することはできますが、即日融資を希望するなら、イオン銀行口座を持っていた方が有利です。

イオン銀行の金利、借入限度額などの条件は以下となっています。.13.8%という低金利にご注目ください。

項目 詳細
金利 3.8〜13.8%
借入限度額 800万円
即日融資の対応 あり

なにかとつかえる!楽天ポイントが貯まる楽天銀行カードローン

アマゾンと並ぶ、2大巨大通販サイト楽天市場を運営する、楽天銀行カードローンです。申込みはすべて楽天銀行のアプリで行います。

楽天銀行の口座をわざわざ開設する必要はなく、お手持ちの口座に振り込みしてもらえます。

楽天銀行カードローンのメリットは、入会と利用でなんと最大31,000ポイントの楽天ポイントが付与されるということ。楽天市場を頻繁に利用する人にはありがたいですね。また、楽天会員にはランクに応じて審査優遇される特典も!楽天会員必見のカードローンです。

楽天銀行カードローンの金利、借入限度額などの条件は以下の通りです。高額借入した際の1%台の金利が魅力ですね!

項目 詳細
金利 1.9〜14.5%
借入限度額 800万円
即日融資の対応 あり

専業主婦が無利子で借入できるのはPayPay銀行カードローンだけ

次にご紹介するのは、ジャパンネット銀行から2021年4月に改名されたPayPay銀行です。PayPay銀行の最大の特徴は、「30日間の無利息期間」があるということ。プロミスなどの大手消費者金融でも行っているサービスですが、無収入の専業主婦でも無利息で利用できる銀行カードローンはPayPay銀行1社のみ。これは見逃せません!

PayPay銀行カードローンに申込むと最大12,000ポイントのPayPayボーナスを受け取れるのも嬉しいですね。

ただし、PayPay銀行カードローンの利用は、PayPay銀行の口座開設が必須となっています。お忘れなきよう。

PayPay銀行カードローンの金利、借入限度額などの条件は下記を参考にしてください。PayPay銀行カードローンも高額を借入の際の1%台の金利を実現しています。1,000万円という大きな借入限度額にも注目です。

項目 詳細
金利 1.59〜18.0%
借入限度額 1,000万円
即日融資の対応 あり

条件を満たせば優遇もあり!新生銀行スマートカードローンプラス

新生銀行スマートカードローンプラスの特徴は、借入申込者の利用状況に応じて「新生ステップアッププログラム」があり、条件を満たして「新生ゴールド」にアップすると、月5回まで他の銀行への振込手数料が無料になる、提携銀行ATMの手数料が無料になるなどの優遇サービスが受けられます。

新生銀行スマートカードローンプラスは新生銀行の口座がなくても利用できますが、口座開設する際でも、入会金・年会費は無料です。

新生銀行スマートカードローンプラスの金利、借入限度額などの条件は以下となっています。

項目 詳細
金利 4.5〜14.8%
借入限度額 500万円
即日融資の対応 あり

何度でも利用できる無利子期間がある!ベルーナノーティス

今回、ご紹介した配偶者貸付制度を利用できる5つのローンの中で、専業主婦にもっとも選ばれている、多くの専業主婦たちが申し込んでいるのが、このベルーナノーティスです。

女性が多く利用する通販会社のローンなので、女性への配慮があり、女性スタッフが対応する女性専用ダイヤルが設けられています。

先ほど、インターネット銀行4社のカードローンをご案内する中で、無収入の専業主婦が無利息で利用できる銀行カードローンはPayPay銀行1社のみとお伝えしましたが、通販系ローンのベルーナノーティスでも無利子期間を設けています。プロミスなど大手消費者金融カードローンの無利子期間は、初回一回のみ、と利用を制限されていますが、ベルーナノーティスでは14日間以内に返済できれば何度でも無利子利用できるのです。オススメの理由がご理解いただけたと思います。

ベルーナノーティスの金利、借入限度額などの条件は下記の通りです。

項目 詳細
金利 4.5〜18.0%
借入限度額 300万円
即日融資の対応 あり

配偶者貸付制度を利用するとカードローン審査に通りやすいの?

配偶者貸付制度を利用して専業主婦や専業主夫の方が利用できるローンをご紹介してきました。

インターネット銀行のカードローンは、専業主婦(主夫)への貸出に積極的ですし、通販系ローンのベルーナノーティスも何回でも利用できる無金利期間を設けるなど、専業主婦のローン貸付に意欲的ですが、どのようなローンもけっして「借りやすい」ということはありません。配偶者貸付制度を利用できるから、専業主婦(主夫)が必ず審査に通るというわけでは決してないのです。

たとえば、育児が一段落したとき、パートやアルバイトの仕事をはじめ、定期収入を得ることができたら、借入可能なカードローンの選択の幅は一気に広がります。そのときはぜひ、以下のような理由で人気の高いプロミスのカードローンを検討してみてはいかがでしょう?

  • 初回利用時の金利が他社に比べて安い
  • 30日間の無利息期間がある
  • 審査が早い(即日融資)
  • 来店不要(WEB完結)
  • 個別相談してくれるので家族に借入がバレにくい

プロミスの金利、借入限度額については以下を参考にしてください。

条件 詳細
金利 4.5〜17.8%
借入限度額 500万円
関連記事
閉じる
バレずに借りられる