カードローンには審査なしで借りれる会社はあるの?

「カードローンを使いたい、でも審査が面倒くさい!」そう思うのは仕方ありません。しかしもっと気楽にカードローンを使いたいと考える人には残念ですが、審査がないカードローンは存在しないのが厳然たる事実です。

カードローンは信用を担保にして融資をおこなう商品であり、審査はその信用度を測る指針となっているため、貸す側からすればカットできないものなのです。

事情を知っている人なら、「審査なしで貸します」という業者がいかに怪しいかが分かるほど審査は大切です。

具体的に審査はどのような意味を持っているのでしょうか。また、どうせ審査があるのならスムーズに通過したいですよね。審査に通過するコツについて考えてみましょう。

審査の意味は?申込者の信用を測る大切な指針

カードローンにはなぜ審査があるのでしょうか。その理由は実にシンプルで、銀行や消費者金融、信販会社は「貸したお金を返してもらえるかどうか」を知りたいからです。

  • 返済能力がある人を選んで融資をしたい
  • 審査で返済能力を測る
  • 審査がないカードローンは存在しない

貸したお金を返してもらえなければ、カードローンを提供する側に大きな損害が生まれてしまいます。慈善事業ではないため、「お金を返せる確証がある人=返済能力が高い人」を選んでいるのです。

審査はその返済能力を測るためにおこなわれます。返済能力があるか、いくらの貸付までなら確実に返済できるかなど、返済に関する多くの情報を分析しています。

また、返済能力だけではなく、社会的な立場もある程度チェックされます。社会的な立場によって返済能力の大小が変わるということもあるのですが、中には反社会的な立場の人がいるかもしれません。

いくら返済能力があったとしても、反社会的な立場の人が借りたお金を犯罪行為に使わないという保証はなく、何かあれば貸した側が反社会的行為の資金を提供したと判断されかねません。

そのような危険を避けるためにも審査は必要です。返済能力があるか、社会的に信用できる立場の人であるのか、さまざまなことをチェックします。

審査は申し込み以外でもおこなわれる

カードローンの審査というと、申し込みのときにおこなわれる印象です。しかし実際は申し込みだけではなく、あらゆるタイミングでおこなわれています。

  • 申込時の審査
  • 増枠時の審査
  • 借入時の審査
  • 抜き打ちで与信審査をすることも

申し込みのとき以外としては、利用限度額をアップさせるための増枠申請があった場合におこなわれます。貸すお金の上限を増やしても返済が可能かどうかを調べるためです。

また、借入のときにもおこなわれます。消費者金融や信販会社は総量規制という法律に基づいて貸付をしています。この総量規制は「年収の三分の一以上貸してはいけない」というものです。

借入のとき、「今回の貸付で総量規制に抵触する可能性があるかどうか」ということをチェックするために審査をおこなうのです。もし抵触すると判断されれば追加の借入ができなくなります。

抜き打ちで与信審査をするケースもあります。与信とは、いわば信用のことです。「今後も貸し続けて大丈夫だろうか」がチェックされます。

もしも返済遅れが度重なっていたり、スタッフとトラブルを起こしたことがあるという事実があると、この与信審査で悪い結果が出てしまう可能性が高くなります。利用限度額の減枠や、最悪の場合は借入停止も有り得ます。

審査がないカードローンは手を出さないこと!

たまに「審査なし!必ず貸します!」といった、魅力的なように見えて実はうさんくさい宣伝を見かけることがあるかもしれません。大抵は聞いたことがないような小規模の消費者金融ではないでしょうか。

こういった宣伝文句を使う業者は、ほぼ確実と言って良いほど闇金です。都道府県知事から許可をもらうことなく、勝手に金融業をしています。

  • 都道府県知事から許可を得ていない(許可番号を持っていない)
  • 法定金利以上の金利設定をして高額の利息を取る

闇金は法律を守らない条件で経営します。被害を受ける人が多く、社会的な問題として捉えられています。のっぴきならない理由で手を出してしまう人もいるのですが、良い未来は期待できません。

もしも闇金と知らずに借入をしてしまった場合には、すぐに警察や弁護士に相談してください。解決のために協力してくれます。

弁護士に相談できる無料相談会も各自治体で開かれていますので、困ったときには遠慮なく頼りましょう。そして次は審査のあるカードローンを探してくださいね。

審査では何を見られるの?返済能力の有無の判断

実際に審査でチェックされる項目は何なのでしょうか。返済能力の有無を判断するためには、提出した個人情報や書類からさまざまなことを調べられます。

調べると言っても探偵を使うようなものではありません。申込時に個人情報として提出した勤務先や年収、就労形態など、あくまで自己申告、かつ審査側で確認が取れる項目です。

本人情報 氏名・年齢・住所・電話番号・持ち家、賃貸の別・扶養家族の有無と人数
勤務先情報 勤務先・就労形態・勤続年数・年収
その他 他社借入残高

各社によって多少の違いはありますが、おおむねこのような項目がチェックされます。いずれも返済能力や社会的立場を測るために有用な情報です。

たとえば持ち家でもローンの有無で返済能力が変わります。扶養家族が少なければ家計に余裕がある可能性があり、これも返済能力に大きく関わります。

勤務先が大企業なら高収入が期待できます。就労形態も正規雇用者か非正規雇用者かで収入の安定性に開きがありますよね。いずれも安定した返済ができるかどうかが判断しやすくなります。

また、他社からの借入残高(未返済分)の把握も大切です。前述した総量規制に抵触することに気付かずに審査に通し、融資してしまったら、法律で罰されるのはカードローン会社になるためです。

同時に、他社からの借入が多い人は、収入に応じた返済がしにくい状況にある可能性が考えられます。やはり安定した返済ができるかどうかを測るため、この項目は非常に重要だと言えるでしょう。

申し込んでも無駄な場合も?申し込み条件はよく確認を

「申し込むだけ無駄」と思われるような人もいます。申し込み条件に合致しなければ、詳細な審査の前に落とされてしまうことは確実です。

  • 申し込み年齢の下限・上限に適しているか
  • 無職ではないか
  • 他社でトラブルを起こし、いわゆるブラックになっていないか

どのカードローンにも申し込みできる年齢が設定されています。ほとんどは20歳以上が下限です。上限は60代~70代と広い幅になっています。この年齢から外れている人は、本来申し込みができません。

無職の人も申し込む意味がほぼありません。専業主婦OKのカードローンなら別ですが、それ以外の立場で無職になっている人は返済能力がないと見なされます。

大抵のカードローンには「安定・継続した収入があること」という条件が記載されているはずです。無職の人はとても安定・継続した収入を実現することは難しいため、申し込んでも審査に通ることはありません。

他社でトラブルを起こしている人も要注意です。とくに遅延・延滞をはじめとした返済事故を起こしてブラック状態になっている人は、審査でほぼ確実に落とされます。

このような状態でも「もしかしたら審査に通るかも!」と考え、思い切って申し込みをする人がいるかもしれません。しかしそれはおすすめできない行為です。

信用情報機関に登録される情報の中には、審査の結果もあります。「審査に落ちた」という事実も記録されてしまうわけです。審査に落ちるということは、「金銭的に信用できない」と言われたも同然です。

将来的に自分の条件が改善し、今度こそ審査に通るだろう!と思って申し込みをしても、審査をする人が「前に落ちてるのか、信用できないな、やめておこう」と考えて審査に通らなくなる可能性があります。

このような情報は一定期間が過ぎれば信用情報機関から削除されます。また申し込みをするときに削除されているかどうか気になったなら、申し込み前に情報開示手続きをして自分の信用情報を確認してみるのも良いでしょう。

簡易シミュレーターがあるなら利用してみよう

自分の職業や年収、他社からの借入残高だと審査に通らないかも?と不安がある人は、大手カードローン会社の公式ホームページを覗いてみましょう。多くの会社で簡易シミュレーターを用意しています。

申し込み後の審査のように本格的なものではありませんが、簡易シミュレーターではある程度の審査通過確率が分かる仕組みになっています。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社借入残高
  • 借入希望額や希望返済回数

このような情報を手軽に入力するだけで、審査に通過するかどうかが仮で予想できます。あくまで「簡易」ですので確実な結果ではありませんが、大体の予想をつけたいときには活用してみましょう。

審査の方法は?手順と審査通過のコツをチェック

「審査に通過できるかも…!」と感じたら、いざ申し込みにトライしましょう。インターネットからなら申し込み画面、書面なら申込書にある入力欄をすべて埋めて送信・送付します。

情報が到着次第、以下のような手順で審査がおこなわれます。

手順 内容 理由
01 個人情報と必要書類の確認 ・申込者本人であるか
・必要書類がすべて揃っているか
02 詳細な審査
(信用情報機関への照会も)
・返済能力の有無の判断
・他社借入残高や過去の金融事故の確認
03 在籍確認 ・勤務先に確実に在籍しているか確認
04 審査結果通知

・通過なら結果通知のあと契約へ進む
・通過不可能なら結果通知のみ

大手のカードローン会社なら、審査結果は最短で即日、遅くても翌営業日にはメールや電話などで通知されます。多少時間がかかるとしても数日中には分かります。

ご紹介している手順は一般的な審査の流れです。カードローン会社や商品、申し込み方によって前後するケースがあります。詳しくは各カードローン会社の公式ホームページやリーフレットで確認してください。

審査の通過確率を上げるコツは「最終確認」!

自分の年収をはじめとした条件に自信があったのに、なぜか審査に落ちてしまった!ということもあります。これは申し込みのときにケアレスミスをしていたのかもしれません。

  • 申し込み内容に記載漏れがあった
  • 誤字脱字があった
  • 必要書類を添付していなかった、または足りなかった
  • 信用情報機関にマイナス情報がまだ残っていた

申し込み内容の記載漏れや誤字脱字は、本人の証明ができない・正しい情報が確認できないという理由で審査落ちの原因になります。必要書類(本人確認証など)に添付ミスがあれば同様です。

過去に他社から借入をし、返済遅れのような金融事故を起こした経験がある人はその情報が信用情報機関にまだ残っていた可能性があります。審査に悪影響が出る情報があれば、通過が難しくなるのは仕方ありません。

審査通過確率を上げる最大のコツは、「情報を正確に記入する」「求められた必要書類は必ず用意する」「最終確認を怠らない」の3つです。

このことを意識するだけで審査の通過確率が変わります。基本と言えば基本なのですが、人はケアレスミスをしてしまう生き物です。最終確認を怠らず、ぜひ審査通過を目指して下さいね。

「収入証明書」について知っておきたいこと

必要書類の中には「収入証明書」が含まれています。源泉徴収票や給与明細などが使えます。ただ、これは提出必須の本人確認証と異なり、必ずしも申込者全員が用意するものではありません。

  • 希望借入額が50万円を超える申し込みをする人
  • 今回の借入希望額と他社借入残高を合わせると100万円を超える人

この2つのうちいずれか、あるいは両方にあてはまる人が提出することになっています。カードローン商品のほとんどはこの条件での提出です。

審査の過程で何か確認したいことが生じた場合、上記の条件にあてはまっていなくても提出を求められるケースがあります。その際には速やかな提出を心掛けましょう。

審査落ちの理由は教えてもらえない

審査に落ちてしまったら、その理由を知りたいと考えるものですよね。理由に心当たりがない人ならなおさらです。

しかし、審査に落ちても理由を教えてもらえることはありません。問い合わせをしても「当社の基準で…」「教えられません」と答えられるでしょう。

審査の方法・内容は、カードローン会社をはじめ、金融商品を扱う企業にとってノウハウです。いわば会社の財産とも言えます。

つまり、審査に通過しない理由を教えてしまうと、ノウハウ・財産が流出してしまいかねないのです。そのため、審査落ちの理由が通知されることはありません。

また、まれに信用情報機関に対して審査落ちの理由を問い合わせる人がいるようです。しかし信用情報機関側は単に「情報を管理している」だけなので、審査落ちの理由が分かりません。問い合わせはやめておきましょう。

カードローンでおすすめは?プロミスなら初心者も安心

初心者であればあるほど、審査に不安を感じます。「申し込み方はこれでいいの?」「審査の結果通知はいつ来るの?」「プライバシーは守られる?」と、さまざまな心配を持ちがちですよね。

その点、プロミスは初心者でも安心して申し込めるブランドです。顧客へのサポートが手厚く、申し込み前から丁寧な対応をしてくれます。

分からないことを質問すればすぐに説明してくれたり、返済計画に自信がなければベターな計画を提案してくれたりと、不安を解消する手助けをしてくれます。

カードローン商品そのもののスペックも高く、初心者ならファーストカードローンの選択肢に入れても損をしません。

  • 初回利用時の金利が他社のカードローンより低い
  • 30日間の無利息期間サービスがある
  • 申し込みから結果通知までが早い
  • 最短即日融資の可能性がある
  • 来店しなくても申し込みが出来る
  • 家族バレ・職場バレ回避の相談に個別に応じてくれる

経営実績が長いプロミスは、その経験から顧客が何を求めているか、どうすれば使いやすいかを熟知しています。そのため手厚いサポートや嬉しいサービスを用意しており、人気を博する結果を得ています。

カードローンはたくさんの商品がありますが、プロミスのカードローンは初心者から経験者まで幅広い人におすすめできるクオリティの高い商品です。

カードローンは審査必須!通過のコツは念入りなチェック

カードローンの審査は必ずおこなわれるものです。もしも審査がないカードローンがあれば、それはほぼ確実に違法業者の闇金です。健全で誠実なカードローン会社ほど、しっかりした審査をすると覚えておきましょう。

審査は申込者の返済能力を判断するために必須のものです。「きちんと返済できる」と信用されれば審査に通過することができます。

多々ある審査項目は、いずれも金銭に対する社会的な信用を測るために大切な情報です。記載漏れや記載ミスは、本人にそのつもりがなくても信用されなくなってしまいます。

審査通過の可能性をアップさせるのなら、申込書の送信・送付前に何度も念入りに確認すると効果的です。案外ケアレスミスをしていることがあります。

審査に通過するのは金銭に関する社会的信用を1つ得た証明にも繋がります。今後の金融商品の審査にも好影響を与えるでしょう。審査の意義を理解して、ぜひミスのない申し込みをして下さいね。

※記載の情報は2021年6月現在のものです。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる