カードローン審査が気になる人必見!落ちる理由と他に使える借入方法

カードローンを申し込むと審査が行われ、残念ながら落ちてしまう人もいます。

審査に通らないのは、申し込み者の信用が不足しているためです。

審査に落ちると、カードローンを使った借り入れができません。ただ、カードローン以外にも借入する方法はあり、審査に落ちてもお金を借りられる可能性はゼロではないのです。

今回は、カードローンの審査に通らない理由は何か、そして審査に落ちたときにどのような借入方法が利用できるのか、詳しく解説していきます。

カードローン審査に落ちてしまう3つの理由

カードローン審査は、申し込み者の信用を判断するために行われます。

お金を貸してもちゃんと返せるだけの収入があるか、きちんと返済日に返済をする人物かを審査で見極めます。

審査に通らないのは、申し込み者の信用が不足していることが原因なのです。

まずは審査に落ちてしまう3つの理由を見ていきましょう。

収入が不安定である

返済するにあたり、収入が安定していることが重要視されます。毎月一定の収入を得ていなければ、月に1回の返済が滞る恐れがあるためです。

収入の安定は、ただ年収が高ければ良いわけではありません。

  • 毎月の収入が一定である
  • 勤続年数が長い

フリーランスや自営業などで毎月の収入に変動がある場合、収入が不安定だと判断されてしまう恐れがあります。

複数の勤務先から収入を得ている、勤務先がコロコロ変わる方より、1つの勤務先で働いている勤続年数が長い方が収入が安定していると判断されます。

また、消費者金融カードローンの場合は総量規制の範囲内でしか借入ができません。

総量規制とは

個人への貸付に対し、年収の3分の1を超える融資を禁止したもの。

年収が300万円の方は、100万円を超える借入は法的にNGとなりますので、借入を希望しても審査に通らないのです。

また、総量規制は消費者金融などすべての貸金業者からの借入が対象となります。すでに他社で借入があれば、総量規制による借入可能額が少なくなり、審査が通りにくくなることもあります。

個人信用情報に問題がある

カードローン審査では、クレジットカードや他社ローンの利用状況についてもチェックされます。ここで問題視されるのは、返済遅れ・滞納の実績があることです。

審査の際には必ず個人信用情報を確認するのですが、そこには現在利用しているクレジットカードやローンの利用・返済に関する情報が登録されています。

返済遅れや延滞があると、申し込み者は返済する意思がない人物だと判断されてしまうため審査に通るのが難しくなるのです。

また、個人信用情報には過去の延滞や債務整理、代位弁済、強制解約など金融事故について「異動情報」として登録されています。

異動情報は3つの信用情報機関で共有され、俗に言う「ブラック」状態となります。ブラックになると審査に通ることはできません。

申し込み内容に虚偽がある

カードローンを申し込む際には、きちんと正しい情報を記載しなければいけません。

カードローン審査は、申し込み者の信用を判断する者です。そこで虚偽の申告をする人物は信用できませんので、審査に落ちてしまいます。

勤務先や収入、他社借入状況で虚偽の申告をしても審査の過程で在籍確認や個人信用情報のチェックをすれば、簡単にバレてしまうのです。

仮に虚偽申告で審査に通ったとしても、後からバレてしまうこともあるでしょう。その場合はカードローンの強制解約となり、借入残高の一括返済を求められます。法的措置に発展することもあるため、絶対に虚偽申告をしないようにしましょう。

カードローン申し込むときの注意点

カードローンを申し込む際、審査基準が公表されているわけではないため自分が審査に通るかどうかは申し込んでみるまで分かりません。

カードローンの審査基準は、カードローンを取り扱う金融機関や消費者金融によって異なります。つまり、1社の審査に落ちても他のカードローン審査には通る可能性はゼロではないのです。

ただし、カードローンを複数社同時に申し込む、短期間に申し込むのはNG行為です。

カードローンを申し込むときの注意点について解説します。

短期間の複数申込は「申し込みブラック」になる恐れが

「いくつか申し込めばどこか審査に通るはず」そんなことを考えて複数社のカードローンに申し込むのは、それだけで「申し込みブラック」になり審査に通らなくなってしまいます。短期間で複数・連続で申し込む場合も同様です。

申し込みブラックは実際に信用情報に事故情報が登録されるわけではありませんが、カードローンを申し込むとその事実が信用情報に登録されます。いくつもカードローンに申し込んでいることが分かれば、それだけお金に困っている、他社で借入できない理由がある、と返済能力が不安視されてしまうのです。

申し込み情報は、JICC、CICでは照会日より6ヶ月、全国銀行個人信用情報センター(JBA)では6ヶ月を超えない期間保管されます。

続けてカードローンを申し込むのであれば、一定期間が経過してから申し込むようにしましょう。

金利や無利息期間を比較して選ぶのが◎

カードローンは各社で設定している金利や無利息期間の有無・日数が異なります。

カードローンを申し込むときには、金利や無利息期間を比較してみるのもオススメです。

プロミス アコム アイフル
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
無利息期間 初回借入日翌日から30日間 契約日の翌日から30日間 契約日の翌日から30日間
各社無利息期間を設定していますが、プロミスだけが契約日翌日からの適用ではなく初回借入翌日からの適用となっています。契約翌日からの適用となれば借入しない間に無利息期間が終わってしまう可能性がありますが、プロミスは初回の借入に必ず無利息期間が適用されるのです。

また、新規契約時には最高金利が適用されることが多いのですが、プロミスは大手消費者金融の中でも最高金利が0.2%低くなっています。

返済負担を少しでも軽くするため、プロミスは要チェックです。

カードローン以外の借入方法とは

どうしてもカードローン審査に通らない、そんなときは借り入れを諦めるしかないのでしょうか。

国の融資制度を利用する

国が行っている日本政策金融公庫や生活福祉資金貸付制度といった融資制度を利用すれば、お金が借りられる可能性があります。

項目 日本政策金融公庫 生活福祉資金貸付制度
内容 教育一般貸付
…子どもの教育資金
(受験費用や入学金、授業料など)
総合支援資金、福祉資金、
教育支援資金、不動産担保生活資金
対象 子どもの人数による
世帯収入上限あり
低所得者世帯、障害者世帯、
高齢者世帯
利子 1.66% 連帯保証人を立てる場合
…無利子
連帯保証人を立てない場合
…年1.5%

いずれも国の融資制度なので安心して利用できるメリットがあります。

ただし、カードローンのように短期間でお金を借りられるわけではなく時間がかかります。申し込んだらどのくらいの時間でお金が借りられるのか、お金が必要になるタイミングに間に合わせるためにいつ申し込めば良いのか、スケジュールを立てておきたいですね。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

持っているクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、新たに審査をすることなくその金額の範囲内ですぐにキャッシングが可能です。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の範囲内に含まれています。

ショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円のカードでは、カードとして利用できる上限金額はショッピング枠の50万円です。

ショッピング枠利用額 キャッシング枠利用可能額
30万円 50万円-30万円=20万円
20万円 50万円-20万円=30万円
10万円 50万円-10万円=40万円だが
キャッシング枠の限度額が30万円なので
30万円が借入可能

また、現在持っているクレジットカードにキャッシング枠がついていなければ、新たにキャッシング枠の申し込みをしなければいけません。

キャッシング枠を設定するためにはカードローンと同じように審査を受ける必要があります。カードローン審査に落ちたのであれば、クレジットカードのキャッシング枠審査にも落ちてしまう可能性があるということは認識しておきましょう。

質屋でお金を借りる

質屋は、担保として預けたものに対する価値を現金で借入できます。質屋の特徴としては、借りたお金を返済しなくても良い、無職やブラックでもお金を借り入れできる点が挙げられるでしょう。

質屋で借りたお金は、返済しなければ担保が売却される(質流れになる)だけなので、督促もありません。また、その場で査定をして現金を借り入れできるスピーディーさも魅力です。

ただし、デメリットもあります。

  • 返済できなければ預けたもの(担保)を手離さなければいけない
  • 消費者金融よりも金利が高い
  • 担保次第で希望額が借入できない可能性がある

メリットとデメリット、両方をしっかりと認識しておきましょう。

生命保険の契約者貸付制度を利用する

生命保険には、加入してる保険の解約返戻金のうち、一定の範囲内で貸付が受けられる契約者貸付制度があります。

契約者貸付を利用しても保険の保障は継続しますが、保険の種類によって利用できない場合があるので注意が必要です。

返済方法は保険会社によって振込用紙やコンビニ、インターネットバンキングなどがありますので、詳細は各保険会社に確認しましょう。

貸付金には所定の利息がかかります。利息は毎年元金に繰り入れられるため、返済しなければ貸付元利金が保険の解約返戻金額を超えることもあります。

この場合、所定の金額(全額)を期日までに支払わなければ、期日翌日から保険契約が効力を失うので注意が必要です。

クレジットカードの現金化は危険

現金を借り入れする方法として、「クレジットカードの現金化がある」と聞いたことがある方もいるかもしれません。

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードのショッピング枠を使って購入した商品を売るなどして現金を手にする方法。

キャッシング枠を使い切ってしまってショッピング枠しか残っていなくても、指定された商品を購入後に買い取ってもらう、商品を購入することでキャッシュバックしてもらうことで現金を手に入れます。

便利なように思えますが、クレジットカードの現金化はクレジットカード会社が禁止している行為であり、絶対に行ってはいけません。

現金化をしたことがバレると、クレジットカードの利用停止、未払い分の一括支払いを求められる可能性があります。

また、現金化は借入金利に換算すると法定金利を大きく超えることも珍しくなく、一時的に助かってもその後に高額な返済に追われるリスクもあります。

クレジットカードの現金化業者の広告は多くありますが、決して誘いに乗ってはいけないのです。

カードローン審査は信用が重要!申込み前に他の借入方法も要チェック

カードローンの審査に通らない理由は、申し込み者の信用が不足しているためです。

収入が不安定、個人信用情報に問題があるなど、不安要素があれば審査に通るのが難しくなります。

ただし、消費者金融によって審査基準が異なりますので、1社に落ちても他の会社では審査に通る可能性もあります。ただし、連続で申し込む、複数社申し込むと申し込みブラックとなり審査で不利になってしまうので要注意です。

カードローン審査に落ちてしまったら、他の借入方法を検討することもできます。国が行っている融資制度や、質屋、生命保険の契約者貸付制度など、いろいろな借入方法についてチェックしておきたいですね。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる